芸能

本田翼・上野樹里…芸能界に続々と「すっぴん」さらけ出し美女が急増中!

「おはようございます。今日はね、スキンケアをやっていきたいと思うんですけど」

 テレビでは見せないすっぴん顔でそう話すのは、女優の本田翼。

 3月31に自身のYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」で「漫画談義~スキンケアを添えて~」というタイトルで配信し、好きな漫画の話をしながら、ふだん使っている美容液やリップを塗って顔を仕上げていく様子を紹介した。

 すると、すっぴんとは思えない肌の透明感などが話題になり、わずか1週間で再生回数は274万回を超えたのだ。

 本来であれば、できればすっぴんは見せたくないところだが、ここ最近、本田に限らず、YouTubeやインスタグラムで公開する芸能美女が増えていた。芸能記者はこう解説する。

「すっぴん顔を披露すると、それだけで話題になってネット記事にも取り上げられやすいんです。『すっぴんなのに可愛すぎる』とか、おおむね好意的なコメントが並び、好感度もアップ。化粧品ブランドを扱う広告代理店関係者も次のCM候補としてチェックしているそうです。ただ、中には公開しても『肌が劣化している』など、むしろ老けたと思われて痛い目を見るケースもあります」

 女優のユーチューバーとして、本田とトップを争う川口春奈も、一足お先にすっぴんを披露した。

 3月29日に自身のYouTubeチャンネル「川口春奈オフィシャル はーちゃんねる」で、ヘアメイクにアドバイスしてもらいながら、すっぴんから完成までを紹介。再生回数はすでに300万回を突破している。

 一方、昨年8月にインスタを更新し、〈湾岸スタジオから帰ってきて、まっ先に、シャワー浴びた。憧れの照明を取り付けた〉とコメントしたのは、女優の上野樹里だ。

「部屋の照明を指さして自撮りした一枚で、すっぴんそのまま。上半身は肩までしか見えていませんが、タンクトップのようなラフな格好を想像させ、既婚者の日常をのぞき見したような、不思議な艶っぽさを感じさせるんです」(前出・芸能記者)

 あらぬ妄想をかきたててしまうのも、すっぴん美女が人気になる理由のようだ。

 1月6日には、フリーアナウンサーの岡副麻希がインスタに、美顔器を使用している動画をアップ。すっぴんだけでもドキドキしてしまうが、バスローブ姿で胸元がざっくり開いているのだ。もう少しかがんだら“渓谷”が見えそうになるのだが‥‥。

 芸能美女が次々とすっぴん公開する中、完熟世代の女優も「参戦」していた。

「石田ゆり子は自身のインスタで、すっぴんと思われる写真をたびたび載せています。肌がツヤツヤで年齢を感じさせず、まさに奇跡のアラフィフ。昨年12月23日には、子供のころに通っていたスイミングスクールに妹の石田ひかりと訪れた時の様子を投稿しました。さらに、すっぴんの石田姉妹がフィットネス水着で泳ぐ姿までアップし、お宝写真にコメント欄でファンが歓喜していましたね」(前出・芸能記者)

 外出自粛が続く中、すっぴん美女に癒やされたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”