芸能

芸能界の武闘派組織最新動向!(3) ポスト紳助襲名 新興関東系組織が老舗団体に対抗している 「とんねるず石橋が業界再編に動き出した」

島田紳助が芸能界を引退するや、芸人の間では時を置かずに〝跡目争い.が勃発した。あの大派閥に有力軍団、そして並みいる実力者の面々‥‥。火花散らして激突する〝頂点.争いの最新情報をお届けしよう。
*
 まず、その動きがガゼン注目されるようになったのが、〈ボキャブラ芸人〉と呼ばれるグループである。爆笑問題にネプチューン、くりぃむしちゅー(元・海砂利水魚)、土田晃之(元・U‐turn )らの売れっ子たちがその代表だ。
「強力なライバル関係ながらも、駆け出し時代の苦労をともに味わった仲だけに今は絆ができて、番組の共演も多くなっている。売れていないボキャブラ芸人を自分の番組に出したりしていますね」(放送作家)
 アンジャッシュや×‐GUN、東貴博(Take2)、古坂大魔王(元・底ぬけAIR‐LINE)らがそうで、
「特に古坂大魔王は、くりぃむしちゅーの上田晋也、爆問の田中裕二とは仲がよく、芸人仲間からは、その才能を絶賛されています」(前出・放送作家)
 次いで注目を集めるのが〈非関西芸人〉グループである。ここには、
「視聴者の中には、紳助の味でもあった関西特有のトークを敬遠した人も少なくなかった」(芸能記者)
 という事情が反映したようだ。この動きを引っ張っているのが、とんねるずの石橋貴明。
「これまでも、09年に紳助が番組内で東京03を恫喝した事件が起きると、その後、とんねるずの『みなさんのおかげでした』(フジ)で東京03の胸ぐらをつかんで『挨拶しろや!』と、紳助の事件をパロディにしたりして話題を呼んでいた」(番組制作スタッフ)
 とんねるずの番組によく出演しているのは関根勤、有田哲平、勝俣州和、堀内健(ネプチューン)、レッド吉田(TIM)などだが、他にもタカアンドトシは、とんねるずを尊敬し、河本準一(次長課長)や博多華丸、山本高広も、とんねるずの番組でブレイクした。
「最近はとんねるずの人気も下火ですが、非関西芸人のリーダーとして再び人気になる可能性も秘めている」(前出・スタッフ)
 ドンの座をうかがう3番目は、紳助の後継候補と目されている加藤浩次だ。
「加藤は、私生活では後輩芸人も含めて芸能人と行動を共にすることはないので『夜の派閥』はありません。しかし、加藤の助言でブレイクした芸人は多いんです」(前出・芸能記者)
 例えばココリコのコンビ名は、ココリコボンバーズの芸名からの改名。ロンドンブーツ1号2号の田村亮には「髪を切って金髪にしろ」、田村淳には「若者代表みたいな感じで売っていけ」。胸毛にコンプレックスを持っていたペナルティのワッキーに「それ、おもしろいじゃん、見せろよ」。以前は小木博明しか眼鏡をかけていなかったおぎやはぎのWメガネ‥‥。
「みずから派閥は作らないけれど、慕う芸人が多いので、自然とグループになっていますね」(前出・芸能記者)

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!