芸能

「モラル欠如女性」に認定!? “熱愛”NHK桑子真帆に世間が嫌悪連射したポイント

 ふだんなら、擁護の声もあってもいいが、今回ばかりはタイミングが悪かった!?

 NHKの桑子真帆アナが俳優の小澤征悦との熱愛を「NEWSポストセブン」が報じている。同メディアによれば、桑子アナは昨年から交際をスタートさせていたようで、4月中旬には小澤氏の自宅でのお泊りデートを楽しむ様子もキャッチされている。小澤の自宅から出てきた2人で写った写真も掲載され、桑子アナはキャップにサングラス、小澤はサングラスにマスクと2人とも変装もバッチリだ。

 当然、週刊誌を警戒しての変装だろうが、桑子アナは17年にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚するも、わずか1年で離婚。現在はフリーで、平時ならこういった報道に対しては世間からは「放っておいてあげれば」など、タレント側を擁護して、報じた週刊誌側を叩くようなコメントが多数見かけられるが、今回ばかりは少し状況が違うようだ。

「掲載されたペア写真を見ると、桑子アナはマスクを着用していません。新型コロナ関連のニュースも多く扱っている立場なのにキャスターとしての自覚が足りないという指摘が殺到しているんです。桑子アナが担当する『おはよう日本』でも、新型コロナ対策として、20日から桑子アナと高瀬耕造アナの2人が1週間交代で出演するというシステムが導入されているわけですし、不要不急の外出は控えなければいけない中でのお泊りデート報道というだけで残念なところです」(エンタメ誌ライター)

 実際、ネット上の反応を見ると「テレ朝の富川悠太アナも感染したばかりなのに、学ばないな」「今週も小澤さんの家でイチャイチャしてるのかな」「既婚者なのに既婚男性とイチャついたり、前からモラルがない人だと思ってたけど、案の上だな」など、呆れ声ばかりが見受けられている。

「桑子アナといえば、18年の平昌五輪の開会式中継で司会を務めるも、司会以降姿を見せなかったことで心配されていましたが、俳優の和田正人とのツイッターに登場。当時既婚者であったにもかかわらず、久々に姿を見せたのが夫ではない既婚男性との親密そうな写真でしたから、大きく株を落としました。プライベートの言動がことごとく裏目に出ていますから、もう少しNHKのエースアナということを自覚するべきではないでしょうか」(前出・エンタメ誌ライター)

 ちなみに剛力彩芽もZOZO創業者の前澤友作氏と復縁したことが報じられているが、こちらも19日に高級レストランでのお忍びデートを楽しんでいたということもあって同様の批判が殺到。世間の好感度を大事にしたいという気持ちがまだあるのであれば、さすがにこの時期はもう少しおとなしくしておいてほしいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性