芸能

あまちゃん 泣ける名場面ランキング(2)母娘関係が長年の歳月を経て修復

 3位には、1位と同じく第72話の主要出演者が勢ぞろいとなる旅立ちの場面が選ばれた。ここでは、駅のホームで母娘が別れるシーンに涙した人も多かったようだ。

「僕がいちばん感動したのもこの場面ですね。母の春子は叱りつけるような言い方ですが、セリフが深いんです」

 と語るのは、第52話で「トシちゃん似の男」としてビックリ出演した田原俊彦のものまね芸人の原俊作だ。

 電車が出発する間際に、アキが春子に、

「私、1年前と変わった?」

 と尋ねる。するといつもは娘を「バカ」「ブス」とこき下ろしていた春子が神妙な面持ちで、

「変わってないわよアキは。昔のままで地味で暗くて向上心も協調性も存在感も花も個性もパッとしない娘だったけど、だけどみんなに好かれた。こっちに来てみんなに好かれた。あんたじゃなくてみんなが変わったんだよ。自信持ちなさい。これはすごいことなんだからね」

 と娘を励まして送り出すのだ。親子の深い絆を感じさせる名場面と言えるだろう。原が続ける。

「母娘の気持ちがグッと身にしみました。でも、いちばん感動したのはこのドラマにそっくり芸人・原俊作を呼んでくれたことですね。なるべくオーバーにやってくれと言われて戸惑いましたが、台本にも『たーとしひこ』と書いてあったのでやるしかないと思い、いつも以上に思いっ切りやっちゃいました」

 続く4位は、第70話の夏と春子の壊れた母娘関係が、長年の歳月を経て修復するエピソードに票が集まった。

 25年前、歌手になるために上京しようとする春子。その気持ちを本気と知りながらも、大反対した夏。以来2人の関係には、言葉には出さない深い溝が刻まれていた。アキの上京話でその昔話が再燃すると夏は、

「すまねがったな、春子」

 と初めて娘へのわびの言葉を口にする。その直後、

「すっとした。やっと言えたべ。うどんでも食うか」

 長年のわだかまりは一瞬で氷解。ケロッといつもの親子に戻る、涙がホロリとにじみ出る場面だ。

 5位に入った第96話「おらのママに歴史あり2」での、若き日の春子が鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子=49=)の影武者としてレコーディングさせられるシーンも記憶に新しい。前出・亀和田氏が言う。

「いつかはアイドル歌手になることを夢みる春子が、喫茶店のウエイトレスをしながら、無理やり影武者をやらされ、さらには生放送の歌番組で口パクの音合わせまでさせられてしまう。この屈辱に耐えていた春子が、最後に『潮騒のメモリー』でデビューさせてくれとプロデューサーの太巻(古田新太=47=)に申し出ると、『プライドがないのか』と拒否されてしまう。最後に『プライドあるに決まってるじゃない。このままじゃ終われないから今日までアンタの言うことを聞いてきたんです! バカにしないでよ』とキレるシーンはあまりにかわいそうです。若き日の春子を演じる有村架純さん(20)は、かわいいだけでなく、小泉さんの若き日を演じるにふさわしい魅力がある」

 思い出しただけで涙が出てくる名場面だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
ファン困惑!竹内結子“夜の営み”を妄想させた5カ月ぶりのインスタ投稿