芸能

あまちゃん 泣ける名場面ランキング(2)母娘関係が長年の歳月を経て修復

 3位には、1位と同じく第72話の主要出演者が勢ぞろいとなる旅立ちの場面が選ばれた。ここでは、駅のホームで母娘が別れるシーンに涙した人も多かったようだ。

「僕がいちばん感動したのもこの場面ですね。母の春子は叱りつけるような言い方ですが、セリフが深いんです」

 と語るのは、第52話で「トシちゃん似の男」としてビックリ出演した田原俊彦のものまね芸人の原俊作だ。

 電車が出発する間際に、アキが春子に、

「私、1年前と変わった?」

 と尋ねる。するといつもは娘を「バカ」「ブス」とこき下ろしていた春子が神妙な面持ちで、

「変わってないわよアキは。昔のままで地味で暗くて向上心も協調性も存在感も花も個性もパッとしない娘だったけど、だけどみんなに好かれた。こっちに来てみんなに好かれた。あんたじゃなくてみんなが変わったんだよ。自信持ちなさい。これはすごいことなんだからね」

 と娘を励まして送り出すのだ。親子の深い絆を感じさせる名場面と言えるだろう。原が続ける。

「母娘の気持ちがグッと身にしみました。でも、いちばん感動したのはこのドラマにそっくり芸人・原俊作を呼んでくれたことですね。なるべくオーバーにやってくれと言われて戸惑いましたが、台本にも『たーとしひこ』と書いてあったのでやるしかないと思い、いつも以上に思いっ切りやっちゃいました」

 続く4位は、第70話の夏と春子の壊れた母娘関係が、長年の歳月を経て修復するエピソードに票が集まった。

 25年前、歌手になるために上京しようとする春子。その気持ちを本気と知りながらも、大反対した夏。以来2人の関係には、言葉には出さない深い溝が刻まれていた。アキの上京話でその昔話が再燃すると夏は、

「すまねがったな、春子」

 と初めて娘へのわびの言葉を口にする。その直後、

「すっとした。やっと言えたべ。うどんでも食うか」

 長年のわだかまりは一瞬で氷解。ケロッといつもの親子に戻る、涙がホロリとにじみ出る場面だ。

 5位に入った第96話「おらのママに歴史あり2」での、若き日の春子が鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子=49=)の影武者としてレコーディングさせられるシーンも記憶に新しい。前出・亀和田氏が言う。

「いつかはアイドル歌手になることを夢みる春子が、喫茶店のウエイトレスをしながら、無理やり影武者をやらされ、さらには生放送の歌番組で口パクの音合わせまでさせられてしまう。この屈辱に耐えていた春子が、最後に『潮騒のメモリー』でデビューさせてくれとプロデューサーの太巻(古田新太=47=)に申し出ると、『プライドがないのか』と拒否されてしまう。最後に『プライドあるに決まってるじゃない。このままじゃ終われないから今日までアンタの言うことを聞いてきたんです! バカにしないでよ』とキレるシーンはあまりにかわいそうです。若き日の春子を演じる有村架純さん(20)は、かわいいだけでなく、小泉さんの若き日を演じるにふさわしい魅力がある」

 思い出しただけで涙が出てくる名場面だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」