芸能

小泉今日子「あまちゃんでの演技は日頃の酒席で培われた」

 アキの母・春子を演じる、小泉今日子(47)。ドラマでは、アイドルの影武者だった暗い過去が発覚したばかりだが、プライベートでは数々の武勇伝から“男前伝説”がささやかれているのだ。

 スポーツ紙芸能担当記者が昨今のキョンキョンブームを語る。

「7月20日に異例の発売となったのが、小泉が歌う挿入歌『潮騒のメモリー』。レコチョク着うたランキングで、初日から1位を獲得し、週間ランキングでも1位を独走。このままでは、デビュー31年目にして初のレコード大賞も夢ではない。また、すでに大みそかの紅白歌合戦にも、あまちゃんの母親として参加することが決定的です」

 だが、周囲の熱狂ぶりとは裏腹に、小泉本人はいたってマイペース。仕事もあくせくしないのがモットーだとか。広告代理店関係者が言う。

「本来なら、キョンキョンクラスのタレントなら年収は1億円は下らないはず。ところが実際は、2000万円前後だとか。本人いわく、『楽しく飲めるお金さえあればいいから、私の好きなようにさせて』と事務所に直談判し、『ストレスなく生きていければいいや』と、芸能界でのポジションに関心もない。都内ではなく逗子に家を建てたのも、私生活を優先したいという理由からです」

 それだけに、CM出演交渉も苦労の連続だとか。

「昨年、富士フイルムのCMで松田聖子(51)との共演を果たしましたが、かつての大物アイドル同士の組み合わせに小泉が難色を示した。そこで関係者が土下座をして何とかOKをもらった。本人は『そこまで言うならいいよ。共演相手が聖子ちゃんだからね~』と飄々とした受け答えに拍子抜けしたようです」

 私生活では、酒のエピソードにも事欠かない。見かけによらず、豪快な飲みっぷりもたびたび目撃されている。

「恵比寿の行きつけのバーの壁に酔った勢いで自分のサインを油性マジックで書いたかと思えば、初対面の客と意気投合。そのまま気前よくオゴることもしょっちゅう。飯島直子(45)や米倉涼子(37)ら『小泉会』のメンバーを従えて飲み歩いていました。仕事でグチる米倉に『クヨクヨしない! 元気出しなさいよ!』と背中を叩く姿も見たことがあります」(飲食店関係者)

 まさに、「あまちゃん」での演技は、日頃からの酒席で培われたと言っても過言ではないのである。

 芸能評論家の肥留間正明氏も絶賛する。

「脚本を書いた宮藤官九郎は、アキをヒロインにしつつ、離婚して子供を連れて北三陸の田舎に出戻った、元アイドル志望のヤンママの春子に、さりげなく話を集約させています。実生活では『なんてたってアイドル』でしたが、山口百恵や松田聖子のように子供には恵まれなったキョンキョン。だからこそ、春子の内面を演じられると、クドカンは小泉今日子のために脚本を書いたはずです」

“早生まれのマーメイド”の活躍はまだまだ続く。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白