芸能

「稀に見るどうでもよさ」室井佑月、米山隆一との再婚に拡がった冷ややか声

 5月9日、スポニチのウェブサイト「スポニチアネックス」が、作家でタレントの室井佑月が前新潟県知事の米山隆一氏と再婚することを報じたことを受け、室井が10日、自身のツイッターで改めて報告をしたが、その評判がどうにも、よくないようだ。

 室井は〈おっはようございます。昨日、タイ料理食べてる時、例のこと記事になりそう、と業界の友達から電話がかかってきて、鼻からパッタイが出そうになった〉〈今、コロナで辛い思いをされている人がいるから、世の中がもう少し落ち着いてからお知らせしようと思ってたんだ。黙っててごめん〉などとツイートを連投。11日には役所に届け出をする際のドタバタぶりを報告している。

「ネット上には祝福の声と同時に、《ごめんねって言われても興味ない人がほとんどでは?》《ツッコミどころ満載のビッグカップル》《こんなにどうでもいい結婚報道は久しぶりだな》といった、多くのヤユの声が飛び交いました。スポニチによれば、2人は知人を通じて知り合い昨年末から交際をスタート。今年2月、米山氏のほうから“他の人にとられたくない”とプロポーズしたといいますが、まずその米山氏のイメージがよろしくないですからね」(芸能ライター)

 米山氏は18年4月、サイトで知り合った女子大生と金品を渡し交際していたことが「週刊文春」により報じられ、1年半という短さで新潟県知事を辞職している。

「会見で『(相手に)好きになって欲しかった』とぶっちゃけ、50代の男が若い女性との恋愛を求める思いを切々と述べる姿に一部同情の声は出ましたが、世間一般的には笑われてしまうような辞職の仕方でしたからね。対して室井の方は情報番組などにひっぱりだこの一方、感情的な物言いに《なぜコメンテーターとしてテレビに出られるのかわからない》《小説家だけやっとけばいいのに》といった批判も絶えない。結婚報告の反応がイマイチなのもうなずけます」(芸能ライター)

 落ち着いた平和な家庭を築いてほしいものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」