芸能

田中みな実&羽鳥慎一「報ステ就任」乗っ取りクーデター(4)東京五輪後の来年秋に実現

 現在、報ステは視聴率が悪くないとはいえ、番組後半の時間帯でかぶる有働由美子(51)がキャスターを務める「news zero」(日テレ系)も数字を伸ばし、迫ってきている。

「徳永の次なるメインキャスター候補に、テレ朝の大下容子アナ(50)が挙がっています。好きな女性アナランキングではトップテンの常連で、好感度は抜群。昼の情報番組『大下容子ワイド!スクランブル』でも、主婦人気は強い。懸念材料があるとすれば、仕事帰りのサラリーマンの視聴者層に支持されるかというハードルです。さらにもう一人、やはり上層部のたっての希望としてリストアップされているのが、フリーアナの田中みな実(33)なんです」(芸能デスク)

 田中といえば、TBSアナから14年にフリー転身。それから活動の場を広げ、女優業では放送中の土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレ朝系)で「眼帯秘書」役の怪演が話題になったり、昨年発売した写真集「Sincerely yours…」(宝島社)は45万部売り上げの大ヒット。しかしながらセクシーアピールが先行し、報道のイメージとはほど遠いようにも思えるが‥‥。

「TBS時代から女性に嫌われる女子アナでしたが、女性ファッション誌で肘ブラヌードなど大胆露出をしてから、憧れの存在にイメージチェンジ。そこは徳永にない強みとなっている。オヤジ世代にもウケはいいので、サプライズ起用としてはインパクト十分です。報道志向はないようですが、自分の置かれた状況を冷静に判断できるので、現在の人気がずっと続くとは思っていないはず。報ステからキャスターのオファーが来れば、新たなイメージの構築として興味を示すことは十分に考えられます」(平田氏)

 しかも、田中もテイクオフに所属。羽鳥とのセットでメインキャスターの入れ替えとなれば、事実上の「乗っ取り」という形になりそうだ。

「すでにテレ朝上層部は極秘にゴーサインを出したという情報もある。『羽鳥&田中』のコンビが誕生するとすれば、東京五輪が終わったあとの来年秋の改編期が有力。ただ、新型コロナの影響で五輪中止が早期に判断されれば、来年春の改編期に前倒しされるかもしれません」(芸能デスク)

 富川アナの相次ぐ騒動で報ステが揺れ動く中、「みんなのみな実」と羽鳥が救世主になる日は来るか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!