芸能

宇垣美里&鷲見玲奈 古巣告発「タッグ結成」で大逆襲(2)TBS時代の恨みを暴露

 そこで浮上してくるのが、鷲見の盟友でもある元TBSのフリーアナ・宇垣美里(29)との「タッグ結成」。

 宇垣といえば、6月8日発売「週刊プレイボーイ」の連載コラム「宇垣美里の人生はロックだ!!」で、TBS在籍時に「定期的にウワサをバラまいていた犯人」を、先輩を通じて「徹底的に調べたことがある」と告白。

〈もう水に流そうと思っても、気を抜いた瞬間に折に触れ、あのときの怒りがよみがえる〉

 と、今も元同僚への恨みを根に持っていることを明かした。

 さらには「人の足を引っ張る」相手に対して「もう黙らない」と戦闘宣言を発して締めくくっているのである。

 現在の宇垣について、テレビ関係者が語る。

「フリー転身直後に古巣のTBSを『民度が知れる』と『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でコキ下ろしていた彼女ですが、ここにきて舌鋒は鋭くなる一方。以前に増して、何にも臆さず怒りを表明するようになりました」

 その矛先は世間を騒がせた「セクハラ問題」にも。

「『スッキリ』(日本テレビ系)でコメンテーターを務めていた箕輪厚介氏が、女性ライターに対する『セクハラ疑惑』でテレビ出演を自粛するという騒動がありましたが、これに宇垣は『本気の怒り』を見せていた。自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で箕輪氏が女性に送ったとされるLINEのメッセージに触れ『見本のようなクソLINE』と罵っていましたよ」

 そんな宇垣と鷲見が「急接近している」というのだから穏やかではない。

 テレビ東京関係者が語る。

「鷲見と宇垣は局アナ時代に動画配信サービス『パラビ』のプロモーション企画で共演。当時の両者は局の看板を背負ったエースアナとしてのプライドから『街ブラロケ中に目も合わさない』など、ピリピリムードが漂っていた。それがこのところ、急接近の動きがあるんです。2人だけで食事に行くなど親交を深め、フリーとなった現在では双方が共演を熱望するようになった。怒りに燃える美女アナ同士の『巨乳タッグ』を結成して、古巣への告発を加速させる可能性もある」

 この夏は「リベンジ巨乳砲」が一斉に火を噴くかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…