芸能

壇蜜と檀れい「ニアミス事件」の波紋!

 今や芸能人で姓が「ダン」と言えば大半のオヤジ族が「ミツ」と答えるだろう。2010年代の新エロス女王の地位は揺るぎそうもない壇蜜(32)だが、彼女にメラメラと対抗心を燃やすのが、苗字が同じのあの「癒し熟女」だというのだ。

 7月14日放送の「半沢直樹」(TBS系)。この回は計画倒産した「西大阪スチール」悪徳社長に焼肉を取り分ける壇蜜の愛人役ぶりで、視聴率も跳ね上がった。そんなドラマ中盤の時間帯で、突如、古い家並みの街角を薄手の白いブラウスを揺らし走り回り、意味深な表情でカメラ目線を送るのが、檀れい(42)。といってもドラマ本編ではなくサントリーのビール「金麦」のCMでの「艶技」だが、広告代理店関係者がこう話す。

「この檀れいのCMシリーズは金麦が発売された07年以来途切れることなく続いていますが、初回が報じられた当時、檀は30代半ば。05年の宝塚退団後、まだそれほど有名ではなかった彼女が男を癒すカメラ目線を見せるこのCMで一気にブレイクした。ところが、今やオヤジ人気は完全に壇蜜に逆転されてしまった。さらに言えば、壇蜜は下ネタの言い方も独特の気品を漂わせ女性人気も高いが、檀は取材の際に『私を誰だと思っているの』と言い放ったというエピソードもあるなど、下ネタなど絶対口にしない勝気タイプ。『半沢直樹』のドラマ枠内での檀蜜との“ニアミス”に、檀本人も快く思っていないのは間違いないでしょう」

 ちなみに檀の夫は「半沢直樹」で主人公の親友役の及川光博(43)。こちらの心境も気になるところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト