芸能

加藤綾子 夕方ニュースの「コロナ特需」に乗れず惨敗で番組打ち切りの危機

 かつてはフジの絶対的エースだったカトパンだが、独立後はやや迷走気味。出演番組の不振に、あの「Eカップ」も痩せ細ってきたとか、そうでないとか‥‥。

 加藤綾子(35)がメインキャスターを務める、19年4月放送開始の夕方帯ニュース番組「Live News it!」(フジテレビ系)の視聴率が低迷を極めている。

「並びの他局の帯ニュースに比べて一人負けの状態。この時間帯ではありえない1%台を叩き出すこともあるほどです」(スポーツ紙芸能デスク)

 低視聴率の常として、これまでも加藤の降板や打ち切りがささやかれたが、あくまで噂だけと思われていた。しかし番組スタートからきっかり1年後、今春の「新型コロナ騒動」のせいで、その不穏な噂が現実になりそうなのだ。

「自粛期間中、ステイホーム人口が激増したことでテレビ視聴率は軒並み上昇しました。例えば同時間帯の日本テレビ『news every.』は、通常7~8%のところ、12~13%にまで上がった。ところがそんな状況下でも、『イット!』の視聴率はさっぱり伸びないんです」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 フジ上層部は、自局で国民的人気を獲得した加藤を東京五輪にガッツリ関わらせるため、満を持して開催1年前の19年にメインの帯番組を用意した。ところが、

「五輪開催が延期になり、そのうえ『コロナ特需』に乗れずに視聴率も惨敗。年間1億円と言われる高額ギャラを鑑みて、カトパン続投に懐疑的な向きがフジ社内にも出てきました。いまだにコロナの影響でさまざまな業務が滞っているだけに、9月改編での新番組立ち上げは難しく、来年の4月改編期がXデーとなりそうです。とはいえ、フジと加藤サイドの間で五輪仕事に関してはほぼ内定の状態と言われるので、何かしら東京五輪には関わると思いますが」(フジ関係者)

 思えば、独立後もフジと昵懇の関係を築き、同局の新番組や特番に数多く出演してきた加藤だが、そのフジの視聴率不振もあって、レギュラーは長寿番組の「ホンマでっか!?TV」を除いて打ち切りに。他局でドラマ出演の新境地を開拓しようともしたが、同様にフリー転身後、女優チャレンジした田中みな実ほどの評価は得られていない。プライベートに目を向けても、

「昨年、EXILEメンバーとの交際が発覚し、結婚に関しては、激務が予想される東京五輪後に予定していたはず。ところが、それすらも先延ばしに。結婚願望が強い彼女にとって、まさに踏んだり蹴ったりですよ」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 公私のダブルパンチを食らってしまったカトパンだが、その笑顔と震えるバストに癒やされてきたアサ芸からは、これまで以上のエールを送り続けたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」