スポーツ

松中信彦が明かした“王監督”の「三冠王」「常勝ホークス」導き術

 平成唯一の三冠王・福岡ソフトバンクホークスで活躍した元プロ野球選手の松中信彦は、いかにして育てられ、成長を果たしたのか。

 元プロ野球選手の片岡篤史のYouTubeチャンネル「片岡篤史チャンネル」で6月28日に投稿された「松ちゃんに入団当初の話、強いチームの特徴を語ってもらったよ~♪」に、に松中が出演。当時の監督である王貞治氏の指導法について語った。

 1996年、アトランタ五輪野球日本代表に選出され全日本の4番を担った松中は、結果は銀メダルに終わったものの、決勝の対キューバ戦で同点満塁本塁打を放つなど注目を浴び、その年のドラフト2位で福岡ダイエーホークス(後の福岡ソフトバンクホークス)入りを果たしている。

「全日本の4番は大成しない」と先輩に嫌味を言われながらも、1998年の後半にプロ初本塁打を打つ(この年は本塁打3本)と、翌年には本塁打23本、打点71と活躍し、この年の日本一にも貢献した。

 以降、じわじわと地力をつけ、2004年には平成唯一となる三冠王に輝いた松中。王監督の指導法について、バッティングでは小手先に走らぬよう、「まっすぐをしっかり捉えろ。手伸ばしたところで打て…と。詰まったり、真っすぐを空振りとか、打ち損じたらめちゃくちゃ怒られます」と厳しく当たられていたようだ。また常に冷静沈着に見えた王監督だが、「負けたらもっと悔しがれ」と、ヘルメットを投げつけるくらいにならないと野球の神様は振り向いてくれないとも説いていたそうで、「弱いチームは隙だらけ、淡々とやっている」と今になってわかると松中も納得の様子だった。

 通算317勝で日本プロ野球歴代4位の記録をもつ鈴木啓二氏は、打たれても悔しくなくなったから引退したとも言われている。王氏が監督着任するまでのホークスは、試合する前から負けていたという事だろう。

 今では日本一が10回、リーグ優勝は20回を数える常勝と伝統を兼ね備えた球団へと成長を遂げており、そのなかで王監督の功績は非常に大きい。もしかしたら、王監督がいなければ平成に三冠王は生まれなかったかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」