女子アナ

テレ朝斎藤ちはる・TBS野村彩也子…若手美女アナの「猛追乗っ取り」絵巻!

 日本はもっかのところ、「藤井聡太棋聖」誕生に沸いているが、一方で、女子アナ界でも今、若手美女アナたちが勢力図を激変させるべく、先輩アナたちを脅かしているのだった。

 入社2年目にして早くも「エース女子アナ」のポジションが見えてきたのは、テレビ朝日の斎藤ちはるアナ。仰天キャスティングの可能性が浮上している。テレ朝関係者が語る。

「『報道ステーション』抜擢の動きです。『報ステ』では、今年4月に番組内クラスターが発生したことをきっかけとして『2チーム制』のキャストとなったのですが、今秋の改編でメンバーの入れ替えを予定している。そこで斎藤アナに白羽の矢が立っているんです」

 同関係者によると新たな2チーム制では徳永有美・富川悠太アナ・森川夕貴アナによるチームAと、森葉子アナ・小木逸平アナによるチームBに分かれる可能性が濃厚で、斎藤アナは後者チームに目玉人事としてサブキャスター起用が浮上しているのだという。

「4月の出演見合わせ以来、局内外で『不要論』が指摘されている現MCの徳永にとって、絶大な人気を誇る斎藤アナはみずからのポジションを脅かす存在になるでしょう。テレ朝内部でも斎藤アナの報ステ起用が実現すれば、徳永を凌ぐ存在感を発揮して、一躍『番組の顔』になると見られている。コロナ収束後には斎藤アナの『報ステ単独MC』もあり得ます」(前出・テレ朝関係者)

 今年4月にTBSに入社したばかりの野村彩也子アナも「即戦力エース」としての期待が寄せられている。

 TBS関係者が語る。

「入社前から野村アナは『野村萬斎の長女』として話題になっていましたが、彼女は親の七光に頼らずとも大活躍が期待できる超大物新人です。まだ研修期間中ですが、場が一気に明るくなる“華”を持っていることに加えて、アナウンス技術の向上スピードもすさまじく、局内では『史上最高の逸材』と評判を呼んでいます」

 今夏のデビューが予定されているという野村アナだが、同局内では“過労ぎみの人気アナ”の後継者と目されているようだ。

「長らくTBSでは江藤愛アナが『ひるおび』をはじめ連日出ずっぱり。酷使されている状態でしたが、野村アナの入社により『ようやく江藤を休ませられる』との声が上がっているんです」(前出・TBS関係者)

 各局で巻き起こる「ポジション奪い取り」の全貌は7月21日発売のアサヒ芸能7月30日号でレポートしている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場