エンタメ

「ついに棋聖戴冠!」藤井聡太、「AI超え」進化達成した「17歳の実像」とは?

 将棋の世界で新時代の幕が上がった。7月16日、「第91期ヒューリック杯棋聖戦」の第四局(関西将棋会館)で現役最年少プロ棋士・藤井聡太棋聖(18)が「魔王」渡辺明二冠(36)に勝利し、「棋聖」のタイトルを獲得したのだ。17歳11か月の快挙に前記録保持者(18歳6カ月)の屋敷伸之九段も賛辞を惜しまない。

「日本中の将棋ファンたちの期待を実現する形となりました。実にすばらしい偉業です。中盤がとても難しい将棋でしたが、なんとなく渡辺二冠のペースで進んでいたように感じます。先手の渡辺二冠が選んだ戦型は第二局と同じ『矢倉』。前回敗戦した戦型を選択したことに驚きましたが、何かしらの修正を加えてのリベンジだったのでしょう」

 事前研究の成果が出たのか序盤から中盤にかけて、対局の優劣を判定するAIのメーターはやや渡辺にふれていた。何しろ渡辺二冠は得意とする「矢倉」の戦型に対し、藤井も負けじと「矢倉」で迎え撃つ。いわば「相矢倉」の展開だった。昭和40年代に一世を風靡したものの、10年代に入り失速したが、昨年来から再び脚光を浴びた戦型である。

 渡辺二冠も得意とする戦型だが、藤井も師匠の杉本昌隆八段に倣い、この戦型を身に着けていたのだ。両者は譲らず、中盤の後半に差し掛かる80手目に藤井は反撃に出る。前出・屋敷氏が続ける。

「相手の飛車取りの局面で指した『3八銀』は素晴らしい指し手でした。この一手から完璧にペースを握りました」

 伏線として、先手7三角成の飛車取りに対しての切り返し。これが決め手となった。一気に形勢が藤井優位に転じるものの、海千山千の渡辺二冠は攻めの手を緩めず、難しい局面は続く。勝利の手綱を完全に引き寄せたのは88手目の厳しい指し手だった。

「渡辺二冠が桂馬で飛車取りに出た『6四桂』に対して『4六桂』と攻撃の手を指しました。この場面で藤井棋聖が守りに入ってしまえば形成が紛れる余地があっただけに印象的でした。おそらく、自玉が詰まれないことを見切って指したのでしょう。他の勝ち筋も見えて迷いも生じる展開でもありました。手数が進むことで指し手の正しさが明らかになりましたが、あの切羽詰まった局面で攻めに踏み込めるプロ棋士はほとんどいないでしょう」(前出・屋敷氏)

 相手の得意戦法を受けて立ち、終盤の勝ちパターンにつなげる藤井らしさが発揮された対局だった。7月21日発売の週刊アサヒ芸能7月30日特大号では、棋聖戦の他に13.14両日で開催された王位戦での大逆転劇を含むAI越えの進化を続ける17歳の実像を詳報している。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場