スポーツ

好調キープの原巨人、菅野の“正妻”もピンチで小林誠司の戻る席がない!?

 プロ野球は開幕から1カ月が過ぎ、新型コロナの影響で120試合に縮小されたペナントレースは、すでに4分の1を消化した。セ・リーグでは原巨人がスタートダッシュに成功、一度は雨天中止を挟んでの3連敗を喫したものの、その後は広島を相手にマツダスタジアムでは9年ぶりとなる3連勝を含む7連勝。7月27日時点でヤクルトに3.5ゲーム差をつけ首位をキープしている。

 そんななか、投手陣の大黒柱である菅野智之も順調に勝ち星を重ね、21日の中日戦では、3安打11奪三振という圧巻のピッチングで今季2度目の完封勝利を収めているが、こうした状況に内心穏やかではないのが、菅野の“正妻”である小林誠司だろう。

「小林は6月23日の阪神戦で左腕に死球を受け骨折。全治3~4週間の診断を受け、開幕3戦目にして早々に離脱してしまいました。チームにとっては大きな痛手とも思えましたが、もともと正捕手候補の筆頭と見られていた大城卓三、ベテランの炭谷銀仁朗が交互に先発マスクをかぶり、それぞれ持ち前の強打と安定感を発揮。加えて小林と入れ替わりで一軍に昇格した3年目の岸田行倫もしっかり結果を残しています。小林は今季、オープン戦時から弱点の打撃面で好調ぶりをアピールしていましたが、やはり大城、炭谷には劣る。残る勝負はリード面ですが、菅野が完封勝利をあげた2度は大城が先発を務め、成長ぶりを見せていますからね」(夕刊指記者)

 現在、順調にリハビリを続けているという小林は、早ければ7月末の実戦復帰とも見られるが、はたしてその時、ベンチでの扱いは何番手の捕手となっているのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談