芸能

高橋英樹「十津川警部シリーズ」、鉄道ファンが大歓喜した「撮影の進化」とは

 7月26日に放送された「西村京太郎トラベルミステリー72 十津川警部のラストラン」(テレビ朝日系)を観た視聴者から驚きの声が上がっている。シリーズ72作目となった今作の撮影が進化していたからだ。

「このシリーズは1981年にスタートした古株ドラマです。最初は十津川警部を三橋達也が、亀井刑事を愛川欽也が演じ、後に十津川は高橋英樹、亀井は高田純次に代わりました。監督は03年の第41作から映画『蘇える金狼』や『野獣死すべし』でメガホンを取った村川透氏が務めています。定番ドラマだけにあまり変化がないと思われていた。それが今回、ドローン撮影を多用。画作りが新しくなったんです」(テレビ誌ライター)

 ドローン撮影は十津川警部たちが無人駅を訪れる場面や、町全体を俯瞰するシーンで使われている。中でも目を引くのは列車の走行シーンだ。

 今作は北海道を走るJR札沼線が舞台。そこで札沼線の列車が走る場面がドローンで撮影され、何度も登場している。

「札沼線の北海道医療大学駅と新十津川駅の間は、今年春に廃止になってしまいました。ですのでもう列車が走る姿を見ることはできません。ドローンは手軽で安価になったことで、これを使って列車を撮影している撮り鉄もいます。ただ、鉄道路線の近くは飛行が禁止されていることが多く、一部の私鉄では明確にドローン撮影を禁止しています。ドラマはちゃんと許可を取って撮影したのでしょう。すでにない路線をドローンで撮影した映像はとても貴重。物語そっちのけでキハ40の走行シーンに夢中になってしまいました(笑)」(鉄道ライター)

 今回の第72作はABEMAやTVerで無料で観ることができる。ドローンで撮影したキハ40の最後の雄姿は、鉄道ファンならずとも見ごたえは十分だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場