スポーツ

バレンティン「チームメイトが総スカン悪行状」(2)練習しないでツイッター三昧

20130919a

 50年の時を経ての記録更新となれば、大騒動となるのは必然。だがマスコミはともかく、意外にも、チーム内に祝福ムードは漂っていないという。いったいなぜなのか。

「実はヤクルトナインは皆シラケているんですよ。『アイツなんかに(56号を)打たせたくない』とね」

 こう言って苦笑するのはさる球団関係者である。

「何しろ不真面目ですからね。守備練習はほとんどしないし、打撃練習ですらほどほどしかしない状態です。練習をサボって何をしているかというと、クラブハウスでツイッターばかりして遊んでいたり‥‥。もし一生懸命やっていれば、ぜひ記録を抜いてくれと思うもんですが、まったくそんな気配はない」

 ツイッター三昧だけでなく、こんなグダグダな光景も目撃されている。

「福岡ヤフオクドームでの対ソフトバンク交流戦(6月12日)の試合前日練習では、同僚のミレッジとずっとしゃべっていました。とにかくずーっとしゃべり続け、そのまま練習せず宿舎に戻りました」(遊軍記者)

 にもかかわらず、コーチ陣は何も言わずに本人任せの野放し状態。球団関係者が続ける。

「なぜかといえば、あそこが痛い、ここが痛いと始まるので、ヘタに練習してケガでもされたらマズイということで、腰が引けているようなんです。情けない話ですが」

 そうした態度を知るチームメイトは、冷ややかな目でバレンティンを見ているのだ。その声を拾うと、例えばこんな感じで──。

「チームリーダーの宮本慎也を筆頭に、複数の選手が『とにかく練習態度がよくないし、走塁も緩慢だったりするからね。しょせん、最下位チームの本塁打王ですよ』と話していました。アシストしてやろうなどとは全然思っていませんね。また別の中堅選手からは『お調子者でチャランポラン』『アイツ、練習してないから1、2年で終わりですよ。案外、(寿命、活躍期間は)短いよ』と人ごとのような声も出ていました」(前出・球団関係者)

 そんな総スカンの助っ人だが、ヤクルトは昨オフ、バレンティンとの契約を16年まで延長。4年7億円の大型契約を結んだが、これにはスポーツ紙デスクも、

「外国人選手は長期契約を結ぶと働かなくなるケースがよくありますからね。それが懸念材料でしょう」

 とはいえ、練習をサボりまくってもここまで打てるというのは一つの才能なのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」