スポーツ

今だから明かす“記録阻止”の闇真実(2)ローズ「やっぱり俺は外国人なんだ」と思い知った

20130919e

「バースの悲劇」から16年。歴史はまた繰り返された。01年の近鉄のローズである。9月24日の西武戦で松坂大輔から55号を放って日本記録に並んだ時点で、残り試合数は5。近鉄は26日のオリックス戦でリーグ優勝を決めたあと、ロッテ戦を挟み、ダイエー戦に臨む。この時の敵将はまたしても王貞治その人だった。

 王監督は試合前、ローズと談笑し、「60本だぞ、いいな!」と激励。記録更新を歓迎すらしていたはずだったのだが、試合が始まると、近鉄は3番打者のローズを1番で起用したにもかかわらず、ダイエー先発の田之上慶三郎は第一打席から露骨な敬遠策に出た。4打席全て、四球だった。

 試合前のバッテリーミーティングで、ダイエー若菜嘉晴バッテリーコーチは次のように発言したとされ、そうした報道も残っている。

「近鉄に優勝されるわ、監督の記録は抜かれるわじゃ申し訳が立たない。外国人に抜かれるのは嫌だ。王さんは記録に残らなければならない人。ローズに積極的になるな」

 はたしてこれは本当なのか。若菜氏にコトの真偽を尋ねると、こう答えた。

「あれはね、ある記者に『個人的な考えとしては、子供たちの目標になるとすれば、どうせ抜くのなら日本人選手がいい』と言ったことがいろんな方向で大きくなっただけ。そもそも一コーチが『歩かせろ』なんて指示は出せませんよ。決定権は監督にしかない。あとはバッテリー。結局どういう考えだったのか、あのバッテリーでないとわからないですよ。ただ、雰囲気としてはあったと言えます。周りが何となくわかっていたと思いますよ。気を遣わないほうがおかしいでしょ」

 敬遠の指示は明確に否定しつつも、「方向性」の存在は感じたという若菜氏。

「『満塁でローズだったらどうしたらいい?』と聞くと『それでも勝負しないほうがいい』と言うコーチもいたし、田之上には最高勝率のタイトルがかかっていた。だから、そう(打たれる覚悟で勝負しろ)とは言えないですよ。ただ、ローズが55号を打った前後の試合を見てほしい。ダイエー戦前にオリックス、ロッテと2試合、後にもオリックスと2試合で対戦している。そもそも対戦前に(56号を)打ってしまってるかもと思っていたし、ダイエー戦で達成できなくても次で打つんだろうなと思うじゃないですか」

 だから記録阻止の意図はなかったのか、それともやはり「聖域」を意識した結果なのか‥‥。

 だが、一方のローズは複雑な思いで臨んでいた。

「実はあの時、『56号を打ってはいけないと、頭の中でわかっていた』と球団首脳に漏らしていました。『恐らく四球攻めだろうから』とも」(球団関係者)

 近鉄に入団する際、「心の日本人になろう」と決めたというローズに「やっぱり俺は外国人なんだ」と思い知らせた瞬間だった。若菜氏は言う。

「バレンティンには(記録を)抜いてほしいと思ってるよ。今回は誰も気を遣う場面はないもん。早く王さんの呪縛を取ってもらわないと。もう50年もたってるんだから、破られないほうがおかしいでしょう。どこかで終止符を打たないと、ずっと言われるから」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱