スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ブラックホールが波乱を演出」

 札幌記念が今週のメインだ。芝2000メートルのGII戦で、北海道シリーズの要の重賞であり、いずれGIへ昇格すべきという声も出るほど、毎年のように好メンバーがそろう。

 今年はノームコア(ヴィクトリアM)、ラッキーライラック(大阪杯などGI3勝)の両牝馬が主役だろうか。牡馬ではマカヒキ(ダービー)、ペルシアンナイト(マイルCS)だが、活躍していた当時の輝きがない。

 定量戦であり、大きく荒れることは少ない。02年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、その馬単での万馬券は4回(馬連も4回)。この間、1番人気馬が3勝(2着8回)、2番人気馬は5勝(2着0回)。1、2番人気馬のワンツー決着は4回。上位人気馬がよく連に絡む重賞で、まずは本命党向きの重賞と言ってよさそうだ。

 4、5歳勢がよく連絡みしているが、これは他の重賞と大差はない。ただ、出走頭数が少ないわりに、牝馬の健闘が目立っている。過去18年でテイエムオーシャン(02年)、ファインモーション(04年)、ヘヴンリーロマンス(05年)、フサイチパンドラ(07年)、フミノイマージン(12年)、ハープスター(14年)と、6頭も勝ち馬が出ている。であれば、なおさら前述した主役2頭のチャンスが大きくなるだろうか。

 しかし、あえて牡馬に期待してみたい。狙いはブラックホールだ。

 3歳馬であり、いきなり古馬相手に荷が重そうにみえるが、ここを目標にしっかりと調整されており、力を出せる状態にある。53キロで戦える強みがあり、実績のある洋芝での競馬なら互角に渡り合えるはずだ。

 1週前の追い切りも軽快かつリズミカル。仕上がりのよさを示していた。「春と比べてそう大きく変わってはいないが、とにかく順調。札幌は相性がいいし、斤量差を考えれば恥ずかしい競馬にはならないと思う」

 相沢調教師は控えめながらも、こうヤル気のほどをにじませる。確かに函館で未勝利戦を勝ち上がり、続くGIII札幌2歳Sを制したように、力を要す洋芝での競馬は得意。晴雨にかかわらず期待を寄せたい。

 もう1頭、注目したいのはイェッツトだ。まだ3勝クラスで自己条件とのダブル登録だが、陣営の出走意欲は十分。こちらも新馬戦を勝ち上がったあと、いきなり重賞(京成杯3着)に挑戦、差のない競馬に持ち込んだほどの素質馬だ。

 その後はひ弱さが抜けきれずにきているが、それでも以前と比べてたくましくなっており、断じて軽くみてもらいたくない。

 休み明けを一度使われてこの中間は大幅な良化ぶりをみせており、1週前の追い切りも上々だった。

「右回り、洋芝は合うと思う」とは金成調教師の弁だが、当方もそうみている。

 女傑ヒシアマゾン(阪神3歳牝馬S、エリザベス女王杯)、スリープレスナイト(スプリンターズS)が近親にいる良血。一発があっていい。

 西の北九州記念は、プリディカメントをイチオシしたい。

 休み明けを二度使われて、この中間、大幅な良化ぶりをみせている。小倉は初めてになるが、強烈な末脚が身上の6ハロン戦のスペシャリスト。平坦の芝コースは持ってこいと思われる。

 ハンデは恐らく前走と同じ54キロか53キロ。牝馬の活躍が目立つ重賞でもあり、であれば、やれていいはずだ。

 コートマスターピース(GIフォレ賞、GIサセックスS)など近親に活躍馬が多くいる良血。良馬場なら、頭から狙い打ちといきたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
5
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ