女子アナ

田中みな実・弘中綾香コンビが空中分解危機?美女アナ「神7」最深情報!

 美貌と知性を武器に今をときめく7人の人気アナにも、黒くスミ塗りしたくなるほど視聴者に知られたくない「ニュース」が存在した!

 例えば、アンダーヘア毛未処理疑惑、局内VIP待遇の真相、露呈した意外な性癖…など「美女アナ神7」のありのままの最新情報に8月25日発売の週刊アサヒ芸能が肉薄している。

 まず気になるのは、事務所を移籍したばかりの田中みな実アナ。これまで宮根誠司キャスターらが所属していた事務所から有村架純らがいる女優のマネジメント事務所に移籍したことで「キャスター返上」も囁かれているのだ。

「今回の移籍劇には、“芸能界のドン”も暗躍するなど、写真集が60万部を超えるなど今や、ドル箱タレントになった田中の処遇に注目が集まっていました。何しろ、これまではバラエティ番組などに出演してもそのギャラはいわゆる文化人扱い。ここで女優が所属する事務所に移籍することで彼女の立ち位置は事実上の女優扱いになる。今後は、ギャラが2倍~3倍ぐらい跳ね上がることになりそう」(制作会社関係者)

 そうした中、戦々恐々としているのが、バラエティ番組で争奪戦を繰り広げてきたテレビ局。とりわけ、看板アナの弘中綾香とのツートップのMCで一気にバラエティ番組「あざとくて何が悪いの?」の高視聴率を狙おうと鼻息も荒かったテレビ朝日の関係者は寝耳に水の話にざわついているという。

「実は早くも田中の降板で『空中分解』も囁かれている」

 とはテレ朝関係者。果たして、何が起きているのか。その全貌を含め、田中、弘中アナほかNHK・和久田麻由子、日本テレビ・水卜麻美、フジテレビ・三田友梨佳、そしてフリーの加藤綾子と有働由美子の「神セブン」たちの“最深”情報を8月25日発売のアサヒ芸能9月3日号で詳細にレポートしている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白