社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<寒暖差疲労>「肩凝り、頭痛、目まいは自律神経の乱れが原因」

 連日の猛暑で、肩凝りや頭痛に悩まされている人は「寒暖差疲労」かもしれない。これは気温の変化で体の不調が続く症状。最近は、エアコンによる外気温との差が大きいため、自律神経が乱れる人が増え、発症する人が多い。

 そもそも気温と自律神経の関係は密接な関係にある。外気温が高い時には体内から熱を放出するために発汗を促し、副交感神経が優位になる。逆に外気温が低いと、体内の熱を外に逃がさないように血流が低下し、交感神経が優位となる。副交感神経はリラックスした時に優位になるが、寒暖差が激しいと発汗の調節などにエネルギーを消耗してしまい、自律神経が乱れる。そのため、肩凝り、頭痛、食欲不振、めまい、冷え、気分の落ち込みなどさまざまな症状が現れるのだ。

 寒暖差疲労を起こしやすい要因は、暑さや寒さ、冷え性、エアコンが苦手、代謝が悪い、むくみやすいなど。季節の変わり目に体調を崩しやすく、オフィスや自宅で一日中一定の温度下で過ごしている人に多い。

 予防には筋肉をつけることが一番だ。筋肉量の多い人の場合、筋肉の中に栄養素やエネルギー源、水分が蓄えられるため、余力がある。痩せている人や筋肉がない人は余力が乏しいため、激しい寒暖差に体が対応できなくなるからだ。寝る前のヨガなどの有酸素運動や軽いストレッチ、スクワットで筋力をつけることを心がけてほしい。

 この時期はふだんより長めに寝たり、昼寝を取り入れるなど質の高い睡眠をとりたい。ポイントはシャワーではなく、お風呂に入るとリラックス効果が現れることだ。

 疲労回復や代謝に欠かせないビタミンBが多い豚肉や、抗酸化作用と疲労回復の「イミダゾールペプチド」が多く含まれる鶏の胸肉も摂取して寒暖差を乗り切ろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」