スポーツ

「教え子」片岡篤史が震え上がった「PL学園の名将」元監督の意外指導法とは?

 コロナ禍で「夏の選手権大会」が中止となった高校野球。その高校野球の「監督」と言えば、例えは古いかもしれないが、つい竹刀を片手にした鬼軍曹のような厳しい顔つきを思い浮かべてしまう。ましてや甲子園常連校ともなればなおさら。

 では、春夏16回甲子園出場を果たし、通算58勝、優勝6回(いずれも甲子園での記録)を遂げたPL学園の中村順司元監督はどうだったか?

 甲子園での通算勝ち星は歴代第2位、清原和博氏、桑田真澄氏のKKコンビを始め、立浪和義氏、松井稼頭央氏、福留孝介氏ら数々の超高校級を育て上げた名将だ。そんな中村氏を、元プロ野球選手でPL学園にも籍を置いた片岡篤史氏がみずからのYouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉に招き、当時の印象を語った。8月8日投稿回でのことだが、中村氏は意外にも終始温和な雰囲気。それは監督を引退したから…ということでもないようで、片岡氏は、「ボクたちは監督さんに怒られることはまずあんまりないんですよ」と意外なことを口にした。

 打てずに怒られたという記憶もないそうだ。しかし、取り組む姿勢であったり、ふて腐れた態度には監督は看過しなかったそうで、片岡氏が怖かったと記憶しているのは、1年生の頃。入部したての不慣れな1年生がリズムを崩すことから3年生、2年生がエラーを誘発されるのだが、このエラーには怒りを見せていたそうだ。それを見ていた1年生だった片岡氏は「ボクたちは怖かったです」と振り返った。

 これには中村氏も、「それはオレは反省やな」と苦笑を浮かべたものだった。

 KKコンビでも成しえなかった春夏連覇を2年後輩の片岡氏はPL学園で達成。そのメンバーにして、中村氏を前に背筋を正し、中村氏の顔にじっと視線を向けていた。

 清い師弟関係は厳しさの中だけに宿るものではないということだろう。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?
5
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身