芸能

内海桂子さん死去を予感させた?弟子・ナイツ塙“1カ月前”の「動揺電話」

 8月28日、現役最年長の女漫才師で漫才協会名誉会長の内海桂子さんが22日に死去していたことがわかった。享年97歳。27日には近親者のみで密葬を行ったという。

 桂子さんは16歳で初舞台を踏み、1950年に内海好江さんと漫才コンビを組み人気に。97年に好江さんが亡くなったのちはピン芸人として活躍し、漫才協会会長として弟子の育成にも力を注いできた。

 そんな桂子さんの期待に応えたのが、同じマセキ芸能社、漫才協会に所属するお笑いコンビ・ナイツの塙宣之と土屋伸之。

「ナイツが出演する『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)のトークでも、桂子さんのネタは時折出ていたのですが、今思えばその内容の毛色がいつもと違っていたのが、7月25日の放送。塙によれば、その前日夜遅く、協会所属の芸人・中津川弦から携帯電話に着信があったといい、その時はお風呂に入っていたので取れなかったものの、中津川が当時、桂子さんに付いていたことや、連絡の時間が時間だけに『イヤな予感がした』とのこと。結局、お風呂から上がりかけなおすと中津川の奥さんが出て、“桂子さんの娘と思われるツイッターを発見した”という、どうでもいい連絡だったというオチでしたが、塙は『心臓がバクバクした』とも語っており、当時すでに何が起きてもおかしくなかった状況や、その死が現実となり、97歳だったとはいえナイツにとっては大ショックであることが推し量れます」(芸能ライター)

 生涯現役を貫き通し、弟子にも愛された桂子さんに、改めて合掌─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ