社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<機能性ディスペプシア(FD)>「胃痛や灼熱感でも内視鏡検査で異常なし」

 胃がキリキリ痛んだり、すぐに満腹になるので、病院で内視鏡検査をしたところ、まったく「異常なし」。こう言われた人は、近年増えている「機能性ディスペプシア(FD)」かもしれない。

 聞きなれない病気だが、「ディスペプシア」とは「胃や十二指腸から生じるさまざまな症状」を発症する病気。胃の不調で内視鏡検査などで調べても、胃ガンや胃潰瘍などの異常がないにもかかわらず、慢性的にみぞおちの痛みや胃もたれなどの症状がある場合、「FD」と診断される。

 以前は「気のせい」と言われたり、「慢性胃炎」と正反対の診断をされたりしてきたが、最近の研究ではまったく異なった病気であることが明らかになっている。健康診断を受けた人の11~17%、病院検査では44~53%もの人に「FD」が見つかるという報告もある。

 典型的な症状は、膨腹感や食後の胃もたれ、胃痛や灼熱感などだ。

 原因は、ストレスや睡眠不足、不規則な食事、喫煙などによる自律神経の乱れが指摘されている。また、胃酸の刺激に対して、胃や十二指腸が過敏になり、胃痛を引き起こしているとも考えられる。

「FD」と診断された場合には、胃酸の分泌を抑える薬や、胃の運動機能を改善する薬、漢方薬などが処方される。ストレスが原因の場合は、抗不安薬や抗うつ薬を使用する場合もある。また、胃の粘膜にピロリ菌がいる人の場合、除菌することでFDの症状が改善することも。

 2013年からは保険治療できるようになった。この場合、ディスペプシア症状が、1週間に2~3回以上起こる状態が1カ月以上慢性的に続いていることが目安になる。

「FD」のつらい症状をただ我慢している人も多数いる。自身の症状が当てはまる場合には一度、医療機関を受診することをお勧めしたい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
4
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛