社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<機能性ディスペプシア(FD)>「胃痛や灼熱感でも内視鏡検査で異常なし」

 胃がキリキリ痛んだり、すぐに満腹になるので、病院で内視鏡検査をしたところ、まったく「異常なし」。こう言われた人は、近年増えている「機能性ディスペプシア(FD)」かもしれない。

 聞きなれない病気だが、「ディスペプシア」とは「胃や十二指腸から生じるさまざまな症状」を発症する病気。胃の不調で内視鏡検査などで調べても、胃ガンや胃潰瘍などの異常がないにもかかわらず、慢性的にみぞおちの痛みや胃もたれなどの症状がある場合、「FD」と診断される。

 以前は「気のせい」と言われたり、「慢性胃炎」と正反対の診断をされたりしてきたが、最近の研究ではまったく異なった病気であることが明らかになっている。健康診断を受けた人の11~17%、病院検査では44~53%もの人に「FD」が見つかるという報告もある。

 典型的な症状は、膨腹感や食後の胃もたれ、胃痛や灼熱感などだ。

 原因は、ストレスや睡眠不足、不規則な食事、喫煙などによる自律神経の乱れが指摘されている。また、胃酸の刺激に対して、胃や十二指腸が過敏になり、胃痛を引き起こしているとも考えられる。

「FD」と診断された場合には、胃酸の分泌を抑える薬や、胃の運動機能を改善する薬、漢方薬などが処方される。ストレスが原因の場合は、抗不安薬や抗うつ薬を使用する場合もある。また、胃の粘膜にピロリ菌がいる人の場合、除菌することでFDの症状が改善することも。

 2013年からは保険治療できるようになった。この場合、ディスペプシア症状が、1週間に2~3回以上起こる状態が1カ月以上慢性的に続いていることが目安になる。

「FD」のつらい症状をただ我慢している人も多数いる。自身の症状が当てはまる場合には一度、医療機関を受診することをお勧めしたい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
あの炎上ワードは口癖?渡部建を接客したホステスが“トイレ秘話”を告白!
3
辻希美、「息子とSLを見にお出かけ」報告にまさかの「撮り鉄以下」批判!?
4
一時は嵐や瑛人抜き?「有吉の壁」発の2.7次元アイドルの突発人気がスゴいッ
5
二階堂ふみ&薬師丸ひろ子、「同じ高校」報道で気になる“大学時代”の違い!