芸能

「真田丸」信繁の妻・松岡茉優は「隠れ巨バスト」!/大河美女の「艶技」大全(3)

 1年にも及ぶ大河ドラマは、微細な人間模様が大きなカギを握る。とりわけ、主君を支える「正室」の美女たちには、誰もが熱視線を浴びせた。

 大河ドラマとしては古い時代に属する鎌倉幕府を描いたのが「草燃える」(79年)だ。石坂浩二が源頼朝を、岩下志麻がその妻で、頼朝没後に尼将軍となる北条政子を演じ、ダブル主演としてクレジットされた。

 岩下は妖艶な演技をこなす女優として知られるが、意外にも脱ぎ姿の披露は一度もない。だが、脱ぐこと以上に刺激的な場面を見せていた。夫の篠田正浩が撮影した横溝正史原作の「悪霊島」(81年、日本ヘラルド)でのことだ。

 岩下は愛した男に去られたショックから、どこか浮世離れした巴御寮人の役。男を思い、和服姿のまま大の字になり、雄叫びを上げての慰め行為にふける。

 着物の裾が股の間ギリギリまで開帳し、白い美脚をあらわにしたまま絶叫に次ぐ絶叫。お志麻さんのただならぬ妖気が拝める貴重な一篇だ。

 室町幕府を舞台にした「花の乱」(94年)で、三田佳子は2度目の大河ドラマ主演を張る。将軍・足利義政(市川團十郎)の妻・日野富子がその役で、通称は「御台様」であった。

 国民的女優の三田に艶シーンはほぼ皆無。ところが、1作だけ大胆な見せ方をしたのが「別れぬ理由」(87年、東映)だ。この前年の大河ドラマ「いのち」の主演を飾るなど、人気も長者番付も頂点の時期に挑んだことになる。

 映画の冒頭から、三田は夫役の津川雅彦とホテルへ。バックショットながら、背中からヒップ上のほうまで全開である。さらに年下の不貞である古尾谷雅人との情交シーンでは、シーツにくるまってはいるものの、体を重ね悩ましい表情を見せ、悶えていることが見て取れる。

 こちらも大女優・佐久間良子は、秀吉の妻・ねねの視線で描いた「おんな太閤記」(81年)で評判を取った。また、秀吉(西田敏行)がねねを呼ぶ時の「おかか」は、この年の流行語にもなった。

 佐久間の映画での傑作は、キネマ旬報ベスト・テン3位に輝いた「五番町夕霧楼」(63年、東映)にほかならない。京都の遊郭に売られた薄幸の女を演じているが、やがて、自身の肉体に潜む魔性に気づいてゆく。着物姿のままでありながら、妖艶さを放ったと絶賛されたのだった。

 奥州藤原氏の活躍を描いた「炎立つ」(93~94年)では、古手川祐子が藤原経清(渡辺謙)の妻・結有を好演。そんなお嬢さまスターだった古手川の初脱ぎは「春の鐘」(85年、東宝)で、当時、大きな話題となった。古手川は北大路欣也を相手に、2度の不貞ベッドを。お椀型のバストが美しく、よがり声もお嬢さまらしからぬ大胆さ。さらに、和服を立ったまま脱がされての抱擁シーンも、純白の肌がひときわ輝いていた。

 最後は堺雅人主演の「真田丸」(16年)で、信繁(幸村)の正室・春を演じた松岡茉優。カンヌ国際映画祭でパルム・ドームを獲得した「万引き家族」(18年、ギャガ)では、万引きで生計を立てる一家の一員で、「女子高生」を売りにした性産業の嬢という役どころだ。

 松岡は店内で思わせぶりに下腹部に手をやり、客の視線を集める。さらに、一家で訪れた海水浴の場面では、セパレートタイプの水着姿から推定Eカップの隠れ爆裂バストぶりが発見できる。演技のうまさには定評がある松岡だが、カラダまで一級品だったとは、戦国武将の妻にふさわしいと言えよう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?