芸能

西野七瀬、ファンから“ガマンしないで”助言続々の「積極的」求愛行動とは?

 大抵の男性としてはウェルカムだろうが、本人としては過去の恋愛を引きずっている!?

 西野七瀬がレギュラーを務めるバラエティ番組「グータンヌーボ2」(関西テレビの9月8日放送回で、恋愛において、「積極的な」自身のスタイルを“改善”したいという悩みを打ち明けている。

 西野は恋愛経験が少ないと話していたものの、「『この人だ』って決めたら、連絡とかもできるししゃべりに行ったりできる」と、意外にも自分からアプローチを頑張るタイプだと説明。

 おとなしそうな西野だけに少々意外にも思えるが、「逆に多分(好きな気持ちを)隠せないタイプなのかな」と自身を分析しており、むしろアプローチを頑張りすぎて、「本人が『この子たぶんオレに気があるんだろうな』ってわかるくらいまで、きっとやっちゃう」と、好意を持っていることが相手にバレてしまうほどアピールしてしまうのだとか。

 そのため、西野は「それがイヤというか直したい」と、もう少し、恋愛におけるスタンスを落ち着かせたいという気持ちがあるようだ。

「西野は昨年3月放送回で好きな人にまったく相手にされなかった経験があることを明かしていましたね。西野は『結構好きって思うとちゃんと相手にわかってほしいって思うタイプなので、いっぱいメールしたりして、やってました』と振り返っており、メールの内容も相手が返信しやすいようにと、疑問文にしたりとさまざまな工夫をこらしていたとか。ただ、結果については『いろいろ考えてやっていましたけど、ウンともスンとも…』と、苦い経験となってしまったようですから、その経験から“好き好きオーラ”を出すことを抑えたいと考えているのではないでしょうか」(エンタメ誌ライター)

 とはいえ、西野ファンからは「積極的にアピールするなぁちゃんがむしろ見てみたい」「なぁちゃんに好意を示されて、拒絶する男なんていないだろ」「オレにはその好き好きオーラを我慢せずに解放していいんだよ」など、恋愛において積極的なことは悪いことではないという意見がほとんどだった。

 西野が振り返った好きな人に相手にされなかったエピソードも、おそらく乃木坂加入前の話。今の西野が積極的にアプローチを頑張れば、当然まったく違った結果が得られるはずなだけに自信を持ってほしいところだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪