スポーツ

江夏豊が石毛宏典を苦笑させた「まったく理解できない!」意外なモノとは?

 常勝球団の西武ライオンズで1981年から94年まで活躍、オリックス・ブルーウェーブでは監督として采配を振るった経験もある石毛宏典氏のYouTubeチャンネル〈石毛宏典TV〉に、シーズン401奪三振といった日本記録など数々のタイトルに輝いた江夏豊氏が出演、プロ野球の「今昔」で激論を交わしていたところ、江夏氏からの思わぬ発言に石毛氏も苦笑…と不穏な雰囲気を漂わせる場面があった。9月13日投稿〈【第二話】長嶋茂雄さんが勘違いしたカーブはいかにして生まれたのか。過酷すぎるキャンプのエピソードも。【石毛宏典】〉での一幕だ。

 プロ入り当初はストレートしか投げることができなかった江夏氏だが、ようやくカーブを取得、長嶋茂雄氏から「あれはフォークか?」と問われると「そうだ」と答え、勘違いさせておけばいい、昔の野球はそうだったと過去のエピソードを江夏氏が明かすなど番組は進行した。

 今はシンカー、チェンジアップ、スライダーなど球種を表す用語が増えたが、昔はすべて「特殊ボール」と表現されていた。今は新しい言葉が続々生まれ、無理に難しくさせていると語る江夏氏だったが、それに対して石毛氏が「野球だけじゃなくて、社会全体がそうじゃないですか。ワケがわからん外来語が多くて、僕はカタカナ大嫌いですけど」と現代を憂える発言をした。

 すると江夏氏、人差し指を突き出して「大嫌いなもの2人でやってんだよ!」と発言。「YouTube…?」と石毛氏がおそるおそる、といった調子で聞くと「そう、(YouTubeを)まったく理解できない!」と、江夏氏が吐き捨てた。

 石毛氏は「すみません」と江夏氏の腕に触れ苦笑を浮かべると、江夏氏の著書を取り出し「さて…」と話題を変えてその場をつくろう一幕も見せた。

 もっとも、その後の江夏氏は感情を害した様子もなく穏やかに会話を進めた。もしかしたら、勝負師らしく、番組の見せ場を作ってくれたのか!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
元AKBや紅白出演者も脱ぐ!?今年”マッパになる女性芸能人”にファン歓喜!
3
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
4
坂上&指原MC番組、赤字店立て直し企画に「店主がかわいそう」の声が続々
5
激震余波で揺れ動く!?森七菜、「移籍騒動」裏側と「隠れ爆裂バスト」真相とは