女子アナ

TBS良原安美、“ホックまで見えた”Fカップバストの「アピール」が止まらない!

 TBSの良原安美アナが“イヤラしさ全開”だと、ネット上で話題になっている。

 良原アナは9月13日放送の「サンデー・ジャポン」に出演。ネット通販のやらせレビューに関するレポートをしたが、その際、パソコンに向かう後ろ姿のブラウス越しに、肌着のラインがクッキリ。男性ファンを大コーフンさせたのだ。

「この日、良原アナは薄手の白のブラウスを着用していて、キャミソールなどのインナーは着けていませんでした。そのため、背中には肌着の肩ヒモはおろか、ホック部分までもがクッキリと浮き出ていて、目のやり場に困った視聴者も多かったのではないでしょうか。本人はまったく意に介さない様子でしたが、人目を人一倍気にする女子アナが気づかないはずはありません。明らかに男性ファンに向けたサービスでしょうね」(女子アナウオッチャー)

 ネット上では〈カメラマンもけっこう胸元とか狙ってる気がする。正面から見ても胸の形がバッチリわかるわ〉〈最近、ニットとか薄手のブラウス多いよね。まぁ、女子アナのアピールには最高の衣装〉〈来週の登場が今から楽しみ。もはや山本里菜アナを追いやるつもりじゃないかなw〉などと、大反響を呼んでいる。

 また、良原アナはYouTubeの「ヌイモクチャンネル」で“45秒踊ってみた!”にも挑戦し、こちらは白のTシャツに黒のスキニージーンズで登場。激しく踊るたびに推定Fカップのバストがゆさゆさと上下に揺れ、ファンを喜ばせたばかりだ。

 艶全開のアグレッシブな姿にファンも急増しているという良原アナだが、これからも出し惜しみすることなく自慢のバストを“アピール”してほしいものだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」