芸能

華原朋美、「愛息虐待」で高嶋ちさ子とトラブル報道後の「意外な展開」

 歌手の華原朋美とバイオリニストでタレントの高嶋ちさ子の間に、ベビーシッターを巡って不穏な空気が漂っているという。

 9月11日発売の「FRIDAY」にショッキングな写真と記事が掲載された。元は動画だという掲載写真には、ふくよかな感じの女性が、小さな赤ちゃんの足首をつかんで、逆さにしている様子が捉えられている。この赤ちゃんは、2019年の夏に生まれた華原の子どもで、女性は高嶋から紹介されたベビーシッターのAさんだとある。動画を見た華原の知人は、同誌の取材に「Aさんは哺乳瓶をくわえたままのベビーの両脚を持って、突然逆さ吊りにしたんです。その間、ベビーはされるがままでした。膝の上で揺さぶったりもされていました」と証言している。

 医療ジャーナリストは「赤ちゃんの揺さぶりは、危険行為」と警鐘を鳴らす。

「日本小児科学会の『赤ちゃんを揺さぶらないで』と題したパンフレットには『あなたの赤ちゃんが激しく揺さぶられたのではないかと思ったら、最も大切なことは、一刻も早く、赤ちゃんを病院に連れて行くことです。かかりつけの小児科医に電話をして相談するか、最寄りの救命救急センターに子どもを連れて行ってください。揺さぶられたせいで、あなたの赤ちゃんの脳が損傷を受けていたり、頭蓋骨の中で出血が起こったりしているのに、治療を受けないままにしていたら、赤ちゃんの状態は悪くなる一方です。とにかくすぐに、受診しましょう』とあります。症状としては、けいれん、意識障害、呼吸困難などで、そして最悪の場合は命にもかかわります」

 華原はすぐにAさんとの契約を解除したといい、記事中にもあるように、華原にとっては警察に相談すべき案件に思える。この問題についてFRIDAYの直撃を受けた高嶋は華原の事務所の人間と話すと答え自宅の駐車場に入ったまま戻らなかったという。そして、現在まで無言を貫いている。

 一方、9月14日になって華原が所属事務所から専属契約解除をされていたことがわかった。17日発売の週刊文春では、同誌の記者が問題の動画を確認したところ、“逆さ吊り”は、あやす過程での2秒ほどの出来事で虐待にあたるかは判断しかねると報じている。

 何やら「不穏な空気」は、華原自身にも漂う展開となってきているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!