女子アナ

田中みな実が「血が出るほど…」安住を驚愕させた“仰天エピソード”とは?

 9月13日放送のラジオ番組「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)で、安住アナが田中みな実の“過去”を暴露し女子アナファンの間で話題となった。

 放送中の話題が、同じ音を長く伸ばして発声し続ける“ロングトーン”に及ぶと、安住アナは「訓練するとすぐ30秒ぐらいいきますよ」と若返りにも有効であることを説明。続けて、「私の後輩で、アナウンサーで当時2人しか入社しなかった代があって、ロングトーンの修行をやらされるんだよね。そうすると2人だから常に比べられるっていうことになって。負けたくないから血が出るほどにロングトーンやってたんですね」とし、その後輩2人が女性だったことを明かした。

 さらに、「だからその女の子2人だけTBSアナウンサーの歴史のなかで最長記録持ってるんだから。すげーんだから」と安住アナ。その記録が約68秒という驚異の長さだったと語り、2人になぜそこまでロングトーンが出るのか聞いたところ「負けたくなくて必死でにやってたんです」と返ってきたという。

 最後に安住アナは「絶対誰にも言わない?」と言いつつ、女性2人というのがフリーアナの田中みな実と江藤愛アナであることを暴露。さらに「田中みな実さんの『M』(テレビ朝日)のドラマでさ、「恨むわーー」(実際は「許さなーーい」)みたいなロングトーンやってたでしょ? あれはね、あそこで培われた技術なんです」と断言し笑いを誘った。

「4月期ドラマの『M』で田中は眼帯の秘書・姫野礼香役にて、同ドラマの話題をすべてさらったと言われるほどの怪演を見せました。これが、女優業に力を注ぐための事務所移籍に弾みをつけたわけですが、おふざけキャラとも思えたあの役も、本人は役作りに本気で悩んだことも明かしており、とにかく真面目で負けず嫌い。今回の安住アナの話は、そんな田中の性格が最近に始まったことではないことを知るエピソードでしたね」(女子アナウオッチャー)

 今後もインパクトのある役作りに期待したい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり