スポーツ

清原和博を巡り起きていた西武黄金時代・ベンチ内の“ギクシャク”とは

 元プロ野球選手、清原和博氏のポジションは言わずと知れたファーストである。PL学園時代にも守っていたのはファーストであり、西武ライオンズ、読売ジャイアンツを通してもほとんどがそうで、サードを守ることもあったが数える程度である。ところが、清原氏が西武に入団した1986年、同じく同年に監督に就任した森祇晶氏のアイデアで“清原サード案”が出ていたそうだ。

 東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督として指揮をとった田尾安志氏のYouTubeチャンネル〈田尾安志【TAO CHANNEL】公式YouTube〉、9月13日投稿〈【田尾が語る】清原和博の凄さとは?〉で、田尾氏は当時をこう振り返った…。

 85年のシーズンは、秋山幸二氏がサードを、田尾氏がセンター他外野を守っていた。しかし森氏は、清原氏をサードに据え秋山氏をセンターに、そして田尾氏をファーストに起用しようという考えだったようだ。

 監督室に呼ばれ、この考えに対する意見を求められた田尾氏は、「清原は高校生としてはスーパースターかもしれないが、プロ野球選手としての実績はゼロですよ。その実績ゼロの選手のために3つのポジションを冒険するのは僕は良いとは思わない」と得意なファーストを清原氏に任せるべきだと歯に衣着せず進言したのだそうだ。結果、清原氏の1年目は出場した126試合全てファーストを守ることに。しかし、それ以来、森氏と田尾氏はギクシャクするようになったという。

 事実、翌年の87年、田尾氏は阪神タイガースにトレードとなっている。毅然とした田尾氏の態度に、その後6回の日本一に西武ライオンズを導いた森氏のプライドが許せなかったのだろうか? 森氏の本音を探ってみたいものだ。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?
5
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身