スポーツ

清原和博を巡り起きていた西武黄金時代・ベンチ内の“ギクシャク”とは

 元プロ野球選手、清原和博氏のポジションは言わずと知れたファーストである。PL学園時代にも守っていたのはファーストであり、西武ライオンズ、読売ジャイアンツを通してもほとんどがそうで、サードを守ることもあったが数える程度である。ところが、清原氏が西武に入団した1986年、同じく同年に監督に就任した森祇晶氏のアイデアで“清原サード案”が出ていたそうだ。

 東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督として指揮をとった田尾安志氏のYouTubeチャンネル〈田尾安志【TAO CHANNEL】公式YouTube〉、9月13日投稿〈【田尾が語る】清原和博の凄さとは?〉で、田尾氏は当時をこう振り返った…。

 85年のシーズンは、秋山幸二氏がサードを、田尾氏がセンター他外野を守っていた。しかし森氏は、清原氏をサードに据え秋山氏をセンターに、そして田尾氏をファーストに起用しようという考えだったようだ。

 監督室に呼ばれ、この考えに対する意見を求められた田尾氏は、「清原は高校生としてはスーパースターかもしれないが、プロ野球選手としての実績はゼロですよ。その実績ゼロの選手のために3つのポジションを冒険するのは僕は良いとは思わない」と得意なファーストを清原氏に任せるべきだと歯に衣着せず進言したのだそうだ。結果、清原氏の1年目は出場した126試合全てファーストを守ることに。しかし、それ以来、森氏と田尾氏はギクシャクするようになったという。

 事実、翌年の87年、田尾氏は阪神タイガースにトレードとなっている。毅然とした田尾氏の態度に、その後6回の日本一に西武ライオンズを導いた森氏のプライドが許せなかったのだろうか? 森氏の本音を探ってみたいものだ。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
2
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
3
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
4
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
5
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然