芸能

「あの特撮ヒロイン」鮮烈脱ぎの記憶(下)さとう珠緒、「ピンクのバスト」が発掘!

 1971年に「仮面ライダー」(NET系)の第1作が、75年には「秘密戦隊ゴレンジャー」(NET系)がスタートし、令和の今もシリーズを重ねている。少年たちの胸を焦がしたヒロインの、大胆な「変身」を見よ!

 和服が似合う美人女優の叶和貴子は、天知茂が明智小五郎に扮して人気だった「江戸川乱歩の美女シリーズ 天国と地獄の美女」(82年、テレ朝系)にヒロインとして出演。ちょうど「お嫁さんにしたい女優」として人気が急上昇した時期である。ドラマウオッチャーが語る。

「オンエアが1月2日で、土曜ワイド劇場の正月スペシャルでした。当時、土ワイでは成人映画に出演する女優が『脱ぎ要員』として出演するのが慣例でしたが、なんと叶は豪華な浴室で吹き替えなしのフル脱ぎを披露。函館出身らしく色白のふんわり肌で、トップもピンクでした」

 この熱演が評価されたのか、同年3月スタートの「宇宙刑事ギャバン」(83年、テレ朝系)で、主人公ギャバンの助手であるミミー役に抜擢。子供たちにも大人気となり、続く「宇宙刑事シャリバン」(83~84年、テレ朝系)に何度かゲスト出演する。

 続く「宇宙刑事シャイダー」(84~85年、テレ朝系)では、ヒロインのアニーとして注目されたのが森永奈緒美だ。JAC出身だけでなく、一時は千葉真一の付き人も務めたほど信頼が厚かった。

 そんな森永が突然のヘアまでさらした脱ぎ姿を“発表”したのは94年のこと。アニー時代は「ミニ丈スカートからのパン見え」がトレードマークだったが、その奥さえも包み隠さずあらわにし、特撮ファンに衝撃を与える。

 ブレイク後の発掘された脱ぎ写真でザワつかせたのは、今もバラエティー番組で活躍するさとう珠緒だ。さとうは「超力戦隊オーレンジャー」(95~96年、テレ朝系)でオーピンクこと丸尾桃役に扮し、大人気に。さらに「出動!ミニスカポリス」(96年、テレ東系)の初代ポリスとして全国区になった。

「そのタイミングで篠山紀信氏が撮影した脱ぎのグラビアが発掘されたんです。93年の1月と2月に『週刊ポスト』に掲載されたものですが、あどけない顔と不釣り合いなピーチ胸で、激震が走りました」(グラビアカメラマン)

 発掘したのは週刊誌だった当時の「宝島」で、雑誌図書館で当該ページをこっそり盗み撮りしたとの逸話が残っている。

「しかし、さとうにとってこれがダメージになることはなく、むしろグラドルとしても各誌を席巻することになりました」(前出・グラビアカメラマン)

 発掘されたことに「プンプン!」と怒ることもなかったようだ。ちなみに、最初に掲載された「週刊ポスト」は、今も1万円以上で取り引きされている。

 最後は菅田将暉がライダーに扮した「仮面ライダーW」(09~10年、テレ朝系)で、ヒロイン・園咲若菜を演じた飛鳥凛を。17年に日活“ロマン映画”の復活版「ホワイトリリー」(日活)で初脱ぎを披露。昨年、アサ芸に当時の心境を明かしている。

「脱ぐことへのためらいはなかったですが、オーディションを受ける前に葛藤はありました。洋画のラブシーンを見ているとすごくキレイで、私がそこまでさらけ出せるのか。映像に耐えうるのかという不安がありました」

 166センチの高身長にバストの迫力も日本人離れしており、その肢体は「のみとり侍」(18年、東宝)、主演作「殺人鬼を飼う女」(19年、KADOKAWA)でのダイナミックな脱ぎ姿として昇華した。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?
5
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身