芸能

フジに批判殺到!トレエン斎藤、ロケ中の大ケガで蒸し返された“あの大事故”

 10月8日、フジテレビ系の「でんじろうのTHE実験」のロケ中、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司が大ケガを負っていたことが判明。視聴者などから批判の声が殺到している。

 スポーツ紙などで報じられたところによれば、群馬県みなかみ町で同日午後2時過ぎ、斎藤が座る下に敷いたエアバッグを爆発させ、体を宙に浮かせることができるかの実験ロケを実施。事前の検証では体は浮かなかったが、本番で1メートル以上も浮き、斎藤はそのまま右手から地面に落下、腰を強打したという。

「県内の病院で検査したところ、背中の圧迫骨折と右手首の捻挫が判明。全治3カ月で、日常生活に支障はないものの、痛みが1カ月程度続くと診断されたといいます。フジテレビは『詳細については現在確認中』とし、『斎藤さんおよび関係者の皆様に心よりお詫び申し上げるとともに、今後の治療等につきましては誠意を持って対応してまいりたいと考えております』と謝罪コメントを発表していますが、今後、安全対策が取られていたかどうか、厳しく問われそうです」(芸能ライター)

 ネット上ではこのニュースが報じられるや、斎藤のケガの具合を心配する声とともに、フジテレビや番組制作サイドに対し厳しい意見が噴出。《あの番組、前から危ないと思っていた》《実験の番組なんて特に安全に配慮すべきなのに。局や作り手は芸人を何だと思っているのか》といった声も出ている。

「原因など詳しいところはまだ分かりませんが、サイエンスプロデューサーの米村でんじろう氏が科学実験を披露する同番組は、19年2月~9月、そして同年11月~現在までレギュラー放送を重ねるうちに、実験内容がより派手なもの、過激なものになっていた点は否めないのでは。視聴率を考えれば当然の話ですが、そのぶん、神経質すぎるほどの安全対策が求められたはずです。フジでは1993年、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』の収録中、ゲスト出演した香港のロックバンドメンバーがセットから転落して死亡するという、最悪の事態を引き起こしている。今回の事故でもその件を引き合いに出す声は多く、《フジはまだ凝りていないのか!》とする非難も上がっています」(テレビウオッチャー)

 番組の行方も含め、フジテレビの対応に注目だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!