社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<クモ状血管腫>「腕に赤い斑点が出たら肝機能低下のサイン」

 かゆみや痛みを伴わない赤い斑点が腕にあらわれた時、それは「クモ状血管腫」かもしれない。

 これは、皮膚にあらわれる鮮やかな赤色の、直径針頭大から1センチ程度の小さな斑点のこと。中央の細動脈から多数の細く蛇行した毛細血管が遠心状に広がり、クモの脚のように見えることから、そう呼ばれている。指で押して圧をかけると、赤い色が消失するのも特徴だ。

 たかが「赤い斑点」と侮ってはいけない。実は、肝硬変など肝機能が低下しているサインでもある。斑点が1つか数少ない場合は、さほど心配はいらない。注意したいのは、クモ状血管腫が腕などに多数発生して、強い倦怠感やむくみ、発熱、黄疸などの症状が見られる場合だ。この際にはすぐに医療機関を受診してほしい。「肝硬変」を発症している可能性もあるからだ。

 ちなみにクモ状血管腫自体は、肝機能に異常が見当たらなければ治療も特に必要ない。見た目上、気になる場合は、レーザー療法などを行うことになる。

 赤い斑点は、じんましんなどの湿疹でも発症するので、見分け方もポイントとなる。じんましんの場合は、さまざまなアレルギーやストレスが引き金となり、かゆみを伴う赤い膨らみが突然皮膚にあらわれ、数時間以内に消えるのが特徴だ。クモ状血管腫の場合は痛みやかゆみを伴わない。主に上半身に発症して。毛細血管が放射状に浮かび上がって、徐々に大きくなっていくケースが多い。

 クモ状血管腫は前述のとおり、肝機能の低下で発生するケースが多いため、日頃からアルコールを過剰摂取している人や、脂肪分が多い食品を食べている人、運動不足の人にも起こりやすい。赤い斑点は沈黙の臓器といわれる肝臓が発する、ありがたいサインでもある。アルコールの過剰摂取など、思い当たる人は内科、消化器内科を受診してほしい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること