芸能

コメントが「ドS過ぎ」!?乃木坂46齋藤飛鳥、舞台挨拶で出した“鬼指令”とは

 大人の女性になって、ドSぶりもパワーアップ!?

 乃木坂46の齋藤飛鳥が10月10日、都内で行われた映画「映像研には手を出すな!」大ヒット舞台あいさつに登場。ファンへの映画PRコメントが“鬼指令”だとファンの間で話題になっているようだ。

 齋藤は同作で主演を務める同じく乃木坂の山下美月、梅澤美波とともに登場し、撮影中の裏話などを披露。齋藤から山下と梅澤へ感謝状が贈呈されるコーナーもあったりと、3人の仲の良さも垣間見え、会場に訪れたファンやLINE LIVEでイベントの中継の模様を見届けたファンの満足度も高いものだったようだ。

 そんなイベントの締めの挨拶で、齋藤は作品を鑑賞したファンに感謝の気持ちを伝えつつも、「また何回か劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです」と、おねだり。

 続けて、「個人的には(訪れたファンを)パッと見て男性の方がすごく多いので、ちょっとこう…女の子の友達とかも連れてきてくれたら嬉しいなって思います」とほほ笑みながら伝えていた。

 この齋藤のコメントにファンからは「女友達を連れてこいっていうのはオタにとってハードルが高いぜ」「きっと心の声は『おまえらに女の子の友達なんていないだろうけどな』だよね」「これも高度な煽りコメントですね。分かります」「大人になって煽り方も変わったな」などといった声が上がっており、やや特殊な受け取り方をするファンが多いようだ。

「齋藤といえば、14年に行われたクリスマスライブで、ファンに向けたキュンキュンフレーズを披露する企画で『どうせお前らクリスマス過ごす相手いねえだろ!』と、毒を吐いたことでドSキャラが定着。昨年12月放送のバラエティ番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)でも、後輩メンバーの涙を見ると笑ってしまうという無慈悲ぶりを告白していたりと、22歳になった今でもドSな一面は健在です。今回のイベントでの女の子の友達を連れてきてほしいというコメントも少々笑いながら話していたことで、6年前のクリスマスライブでの毒舌コメントと相まって、実はファンを煽っているという風に一部のファンは受け取っているようですね」(アイドル誌ライター)

 とはいえ、仮に煽りだとしてもファンにとってはそれもむしろご褒美。男女問わず作品を楽しんでもらいたいというのが本音だろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?