芸能

ナダルがクズ告白!TKO木下をおとしめた「ネコババ疑惑」の真相

 コロコロチキチキペッパーズ・ナダルが、11月1日配信のYouTubeチャンネル「よろチキチャンネル」で、TKO木下隆行と約1年ぶりに対面したのだが、その内容が話題を集めている。

 ナダルとは事務所は違うものの以前から交流はあり、食事をしたり、また彼が結婚した時はお祝いもしていたという木下。だがパワハラ問題から疎遠になり、1年以上会っていないそう。一方のナダルは木下がYouTubeを開設後、その動画を特に見もせずに低評価ボタンを押しまくっていることが発覚した。

 今回、木下は、そんなナダルの心境の変化を聞いてみたいという動機もあり、コロチキのYouTubeチャンネルに参加。ナダルの相方・西野創人の発案で、木下の悪口を言うであろうナダルの様子を、木下が別室でモニタリング。その後、何も知らないナダルがその部屋に入ってネタばらしというドッキリを仕掛けることに。

 YouTubeでどんな芸人とコラボするかという話題になった際、西野があえて「TKOの木下さんは?」と問いかけられたナダルは「なんでせなあかんの? 危ない」と即答。「ペットボトル投げられるかもしれん。でも投げてくれたら面白い。ソーシャルディスタンスでペットボトル合戦」などとイジリまくり。さらに木下のYouTubeについても「おもんないよな、とにかく」と痛烈。それを見ていた木下の顔はどんどん曇っていった。

 その後も木下への罵倒を繰り返したナダルは、トーク収録と聞かされた別部屋に入った。するとそこに、今まで悪口を繰り返してきた木下を見つけて呆然。しばらく動けずにいた。

 険悪な雰囲気の中、木下から「低評価ボタン」を本当に押したのか聞かれたナダルは「押してます……」と、あっさりと認め、その理由について、「40万BADついてたら引きがあると思った。中途半端に『5000いいね!』あっても」と言及。「木下さんのYouTubeの登録者数が伸びたら面白くない」などとも語っていた。

 さらにナダルは、木下をおとしめる話を勝手に作っていたことを自白。それは、よゐこ・濱口優と南明奈の結婚を祝おうと、木下が幹事となって芸人仲間からお金を集め、ヘリコプターのナイトクルージングをプレゼントしようとするも、結局それを全部パクって「ドローンを飛ばして遊んでいる」という、とんでもないエピソードだ。

 これについてナダルは最初、オジンオズボーン篠宮暁から聞いたと言っていたのだが、結局ナダルは篠宮と会ってもいないことが判明。さらにこの話を「すいません、全部僕が作りました」と“作話”していたと告白したのだ。ナダルは正直者とも言えるが、木下とクズ芸人ぶりはさほど変わらないのかもしれない!?(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】