芸能

松本人志、小学生時に爆笑の渦を巻き起こした“究極漫才”の中身

 ダウンタウン、松本人志は天才──。それはお笑い好きの一視聴者のみならず、芸能界で活躍する数多くの才能豊かなタレントですら認めるところだろうが、松本のその才能は子供の頃から開花されていたといった興味深い話が聞ける番組があった。

 浜田雅功とは幼稚園から中学校まで、松本とは小学生、中学生と同級生だった、現在は放送作家の高須光聖氏が、カジサックに扮するキングコング・梶原雄太のYouTubeチャンネル「カジサックKAJISAC〉、11月3日に〈【超神回】放送作家 高須さんが語るダウンタウンさんの凄さとは…〉とタイトルされた投稿回に出演した際のことだ。

 松本と浜田が組んでお笑いでプロを目指すと聞いた時、「絶対売れる」と確信したと語る高須氏は、松本の異能ぶりが分かるこんなエピソードを話し始めた。

小学5、6年生の時、学校の仲間で漫才を披露しあうと言う機会があったそうだ。高須氏含め他の子はザ・ドリフターズや既存の漫才師のマネをしていたそうだが、松本だけは違った。兵庫県尼崎のとある町に2軒しかない「イトタガワ」と「クマガイ」という歯科医の院長同士が街でバッタリ会ってケンカになるというネタを披露したそうなのだ。

 それを観たまわりの仲間は皆ドッカンドッカンと笑い転げたという。学校の先生はベタだが、設定に歯科医を選んだ点や、両院長を知る高須氏らにとってそれは「究極のあるあるネタ」であり、類稀なる松本のセンスを高須氏は絶賛したのだった。

 1994年に出版された松本のコラム連載集「遺書」を思い出した。中身もさることながら、人気絶頂時に、なんと矛盾したタイトルをつけたものかとそのセンスに感心したものだ。幼少時から人とはお笑いの視点が違っていたとは、興味深い貴重な話であった。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”