芸能

松本人志、小学生時に爆笑の渦を巻き起こした“究極漫才”の中身

 ダウンタウン、松本人志は天才──。それはお笑い好きの一視聴者のみならず、芸能界で活躍する数多くの才能豊かなタレントですら認めるところだろうが、松本のその才能は子供の頃から開花されていたといった興味深い話が聞ける番組があった。

 浜田雅功とは幼稚園から中学校まで、松本とは小学生、中学生と同級生だった、現在は放送作家の高須光聖氏が、カジサックに扮するキングコング・梶原雄太のYouTubeチャンネル「カジサックKAJISAC〉、11月3日に〈【超神回】放送作家 高須さんが語るダウンタウンさんの凄さとは…〉とタイトルされた投稿回に出演した際のことだ。

 松本と浜田が組んでお笑いでプロを目指すと聞いた時、「絶対売れる」と確信したと語る高須氏は、松本の異能ぶりが分かるこんなエピソードを話し始めた。

小学5、6年生の時、学校の仲間で漫才を披露しあうと言う機会があったそうだ。高須氏含め他の子はザ・ドリフターズや既存の漫才師のマネをしていたそうだが、松本だけは違った。兵庫県尼崎のとある町に2軒しかない「イトタガワ」と「クマガイ」という歯科医の院長同士が街でバッタリ会ってケンカになるというネタを披露したそうなのだ。

 それを観たまわりの仲間は皆ドッカンドッカンと笑い転げたという。学校の先生はベタだが、設定に歯科医を選んだ点や、両院長を知る高須氏らにとってそれは「究極のあるあるネタ」であり、類稀なる松本のセンスを高須氏は絶賛したのだった。

 1994年に出版された松本のコラム連載集「遺書」を思い出した。中身もさることながら、人気絶頂時に、なんと矛盾したタイトルをつけたものかとそのセンスに感心したものだ。幼少時から人とはお笑いの視点が違っていたとは、興味深い貴重な話であった。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン