政治

森永卓郎の早わかり解説 橋下ハン、「大阪都」って庶民は儲かるんでっか!?(3)市民の認識度が選挙戦に反映

前出・吉富氏は橋下氏の大阪での人気の理由をこう説明する。
「大阪市役所をムダ飯食らいと敵対し、物事をバッサリ2元対立の構図にするので庶民にはわかりやすい。それに高給でムダをしても何の責任も取らず、しかも、天下り先まで用意されてる公務員には、生活に四苦八苦している庶民は憤りを感じている」
 度重なる市職員の不祥事やムダな体質への批判を背景に圧倒的な人気を誇る橋下知事だが、はたして今度の選挙戦はどうなるのか。「知事は後任として、中田宏前横浜市長、キャスター・辛坊治郎氏、東国原英夫前宮崎県知事などのサプライズ人事を画策したが、全てソデにされ、結局、『大阪維新の会』からの繰り上げ擁立に落ち着きそう。橋下知事も08年の選挙ではダブルスコアの圧勝だったが、支持率が急落している今回はほぼ互角の戦いになる」(前出・吉富氏)
 すでに市長選への出馬を表明し、臨戦態勢の平松市長に対し、橋下知事も今月23日に開かれる「大阪維新の会」全体会合で正式に市長選へ名乗りを上げる見込みだ。
「大阪都は、震災対応の『第二首都』としての位置づけはありうるが、実現にはハードルが高い。その意味では、当面、選挙向けの政治的な意味合いが大きく、現時点では、大阪市民にとっては、それでどんなふうに生活がよくなるかは不明ですね」(前出・牛山教授)
 はたして、橋下知事が出馬した際には「中身が見えない」「具体性に欠ける」との批判が多い「大阪都構想」の全貌が明らかにされるのだろうか。
 前出・本澤氏は新旧一騎打ちの市長選をこう予測する。
「国政同様に大阪市の財政がいかに悪戦苦闘しているのか、という実情を市民がどの程度認識しているのかが選挙戦に反映されます。財政が悪化すれば当然、福祉、医療などに影響を与えるのは必至ですので、既得権益を握る現職よりも、リストラ改革派に流れが向かわざるをえない。それに、大阪は明治維新以降、ずっと東高西低のままで関西は常に二番煎じだった。『大阪都構想』は東京都と対等になりたいという“関西民族主義”を刺激するかもしれない」
 言葉は乱暴でも自分の考えをハッキリ口にし、市民に向けて発信できる橋下氏がわずかに有利な情勢か。
 最後に、森永氏がこう言い放つ。
「橋下さんは、最終的には大阪に首都機能の一部を持ってきて、東京、大阪を2トップにし、日本を引っ張るという美しい絵を描いているんだと思います。その彼の壮大な構想を実現するためには、平松市長が邪魔なわけです。
 選挙では、大阪市民は少しずつ改善するのか、それとも、一発逆転の大バクチを打つのかを選ぶことになる。優柔不断な平松か独裁者の橋下か、バクチに失敗して大阪が廃墟になることを含め、どちらを選ぶのかは、大阪市民の選択に委ねられています」
 強権ハシズムの一点張りで当たればよし、外れれば野に散るのみ。大阪秋の陣の結末やいかに!

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し