エンタメ

憧れの「特撮ヒロイン」に会いたい!(7)特撮ヒロイン名場面集 さとう珠緒の「巨乳ビキニ」は超お宝!

〈人間であろうと宇宙人であろうと、ダンはダンに変わりないじゃないの‥‥たとえウルトラセブンでも〉
 今なお特撮史上に残る最終回とされる「ウルトラセブン」(67年)で、アンヌ(ひし美ゆり子)がダン(森次晃嗣)に向かって叫ぶ。向かい合う2人のバックには波光がきらめき、顔が見えないシルエットの状態になっている。クラシックの激しいピアノの音とともに、およそ特撮らしからぬ斬新な演出である。
〈ありがとう、アンヌ。西の空に明けの明星が輝く頃、一つの光が宇宙へ飛んで行く。それが僕なんだよ〉
〈行かないで、ダン!〉
究極のラブロマンスのままに2人は離れてしまったが、約40年後の08年、思わぬ展開が起きる。映画「大決戦! 超ウルトラ8兄弟」の公開を前に、ダンの口から「アンヌと結婚していた」と発表。往年のファンを大いに喜ばせた。
 続いて「超力戦隊オーレンジャー」(95年)では、オーピンクこと、さとう珠緒が奮闘している。オーイエロー(麻生あゆみ)とともに、水着で川遊びをしているシーンは、戦隊ヒーローが水着姿を披露した珍しいケースであろう。
 ちなみに珠緒のオレンジの水着はヒモの部分が緩く、あのFカップ乳が、かなりの肌面積でオンエアされている。さらに、その背後に敵の巨大ロボが押し寄せるという、何ともシュールな映像になっている。
 この場面が好評だったせいか、第23話には「最後の水着…」というタイトルで再び水着アクションを披露。もはや視聴ターゲットを小学生ではなくお父さんたちに移したようだった。
 最後に美人女優の夏純子が春日ひとみ役に扮した「シルバー仮面」(71年)の、その名も「あしたのひとみは…」と題した第5話は切なさ満載。貧乏な言語学者(東野英心)が、ひとみを宇宙人と勘違いして誘拐。汚い四畳半に連れてくるが、やがてひとみは学者に味噌汁まで作るようになる。
〈オフクロ以外の女の人が作った味噌汁、飲んだの初めてなんです〉
 感激した学者がひとみを守って宇宙人に惨殺されてしまうこの話は、特撮版の「美女と野獣」として語り継がれている。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
3
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
4
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
5
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”