芸能

永遠の「昭和アイドル」に会いたい!〈新田恵利〉日給5000円の“おニャン子”が社会現象に

 80年代のアイドル史に革命を起こした「おニャン子クラブ」。初期の人気No.1だった新田恵利(51)が、激動の日々を語る。

 85年2月、「オールナイトフジ女子高生スペシャル」(フジテレビ系)に出演すると、新番組のアシスタントに誘われる。4月1日スタートの「夕やけニャンニャン」だった。

「1日5000円出るし、アシスタントならラクそうと出演を決めました。番組内容は数日前に台本を渡されて初めて知るレベルで、芸能人に対しても、あまり興味がありませんでした。本気で芸能界を志す国生さゆりちゃんたちとは話が合わず、私と同じようにバイト感覚の中島美春ちゃんと仲よしでした」

 普通の女子高生を取り巻く環境は劇的に変化していく。

「駅からフジテレビまでの道のりに、最初はファン1人だったのが日ごとに増えていき、古参の方がボディガードになってくれて。でも私自身はノンキで、『みんなにお菓子もらえてうれしい!』と思ってたくらい(笑)」

 しかし、人気が絶頂に達すると、熱狂するファンからゆがんだ愛情を向けられるように。

「部屋から服が盗まれたり、通学前、母が実家前に止められた車のボンネットを押さえながら『あの子を追わないであげて!』と言ったら、そのまま発進されてひかれたことも‥‥」

 警察は「そういう商売をしているからしかたがないよね」と取り合わない。そして新田は、たびたび「人間不信」という言葉を使った。

「当時は同級生の彼氏がいましたが、いつの間にか恋愛禁止令ができていて。スタッフの『別れろ。別れないと自分のためにならないけど、それでいいんだな』って言い方に腹が立って、『かまいません!』と応戦。その時の都合で話が変わる大人に対し、曲がったことが嫌いな私は反発しっぱなし。問題児だった(笑)」

 グループ撮影で、当初の予定はワンピース水着のはずが、ビキニが用意されていた。スタッフに説明を求め撮影が中断すると、国生から「あなたがやらなきゃ始まらない」と一喝されたことも。

「そう言われ、感情が先走ってしまったことを反省しました。『こわっ!』と思いつつ‥‥美人が怒ると怖いんですよ(笑)」

 さまざまなストレスで、部屋で1人泣くこともあった。「毎日、次々と浅い傷をつけられる感じ」だったが、歌って踊ることは楽しかった。

「学校の友達や先生にも恵まれたし、メンバーの高井麻巳子ちゃんと4時間くらい電話して精神のバランスを保っていましたね」

 現在は、17年に購入した築50年の家を、一から夫と改装中だという。

「私はどこにでも行けるんだ、と。今がいちばん自由で、楽しく生きています」

 来年はおニャン子35周年。復活コンサート開催に期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
2
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
3
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
4
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
5
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!