エンタメ

憧れの「特撮ヒロイン」に会いたい!(6)消えた「ヒロイン」はいま! ブランド設立からパチンコライターまで… 「ダイナピンクは占い師になっていた」

かつて一世を風靡した特撮ヒロインも、その後、姿を消した女優が少なくない。彼女たちの消息を追った。
*
 昭和50年代の戦隊ものの代表作と言えば「秘密戦隊ゴレンジャー」(75~77年)だ。その紅一点モモレンジャーことペギー松山を演じたのが小牧リサ(57)。すらりと伸びた脚線美で、子供たちだけでなく世のお父様方まで魅了した戦隊ヒロインの元祖とも言える存在だ。その彼女だが、現在、四谷でスナックを経営している。ぜひお酒を飲みながら決めゼリフの「いいわね? いくわよ!」を聞いてみたいものだ。
 一方、戦隊シリーズの第7作として知られる「科学戦隊ダイナマン」(83~84年)でダイナピンクの立花レイ役を演じた萩原佐代子(48)。ホットパンツからのぞくムチムチした太腿が魅力的で、彼女が初恋の相手だったという男性も少なくない。その後の芸能活動は「ウルトラマン80」などでも活躍したあと引退して結婚。ところが、ものの数年後に離婚。その後、保険外交員などを経て再婚。以降は子育てと並行しながら、結婚相談所のカウンセラーを務めたり、携帯サイトの占いコーナーを担当するなど多彩な活躍ぶりを見せている。まさに波乱万丈な人生が、結実しているようだ。「星獣戦隊ギンガマン」(98~99年)でギンガピンクのサヤ役だった宮澤寿梨(30)。ピンクのミニスカから時折のぞくパンチラのみならず、豊満なバストの揺れにお父さん世代のファンも多かった。女優業のかたわらパチスロやパチンコ雑誌のライターとしても活動していたが、現在は芸能活動を休止している。
 94年に「恐竜戦隊ジュウレンジャー」でプテラレンジャーのメイ役で出演した千葉麗子(36)。〝電脳アイドル〟と呼ばれブレイクするが95年に芸能界を引退。現在はヨガのインストラクターとして活動中だとか。
 意外なところでは、「ミニスカポリス」でデビューしたと思われていた来栖あつこ(33)だが、デビューは6年の「激走戦隊カーレンジャー」のピンクレーサー役だった。一時、休業していたが、今も元気に芸能活動中だ。
 00年代のライダーシリーズの嚆矢となった「仮面ライダーカブト」(06~07年)に岬祐月役で出演した永田杏奈(29)は、その後、芸能界を引退し、昨年ヘッドアクセサリーブランド「Ange Bloom」を立ち上げた。
「未来戦隊タイムレンジャー」(00~01年)タイムピンクのユウリ役で出演した勝村美香(31)は、3月11日に起きた東日本大震災により、現在、茨城県の実家に戻り、家族や親族の心のケアに当たっているという。
 こうして見ると、同じヒロインでも、たどる人生は実にさまざまである

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
剛力彩芽、「収入激減」報道でネット上は“ここぞとばかりの冷淡反応”だらけ!