女子アナ

西尾由佳理、Eバストが健在どころか成長中!?ダダ漏れる「43歳フェロモン」

 元日本テレビでフリーアナの西尾由佳理が12月6日、レギュラーを務める「健康カプセル!ゲンキの時間」(TBS系)で、艶めかしいニットの膨らみを披露し、男性視聴者を大コーフンさせている。

「この日、西尾はレモンイエローとグレーの切り替えニットを着用。ピタッと身体に密着したニットの下には推定Eカップのバストの膨らみがしっかりと存在感を主張していました。熟美女ならではのあふれんばかりのフェロモンに、ファンから歓喜の声が上がっていましたね」(女子アナウオッチャー)

 ネット上では「西尾アナのバストが目について話が頭に入らない」「あれ、西尾さんってこんなにバスト大きかったっけ? なんか年齢を重ねてどんどん成長してる気がする」「横から見たバストもすごくイヤラしい。マジで後ろから抱きしめたいわ~」などと、大反響を呼んでいる。

「『ゲンキの時間』では過去に、骨の傾きをチェックする時に正座した際は、パツンパツンのヒップをカメラに向け、パン線もあらわな“ヒップアングル”でファンを喜ばせたこともありました。西尾は今年43歳になりますが、その妖しい熟美女ぶりは健在。むしろ40代に入ってから、ますます艶っぽさに磨きがかかったといってもいいでしょう。年齢の割にツンと上を向いたバストを維持しているのもタマりませんね」(前出・女子アナウオッチャー)

 日テレ時代はエース級の活躍を見せ、2010年に発表された「第7回好きな女性アナウンサーランキング」では初の首位を獲得するほどの人気を誇っていた西尾だが、現在のレギュラーは「健康カプセル!」のみ。今後、色香を存分にアピールしていけば、以前のような人気アナに返り咲きもあるかも!?

(ケン高田)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”