芸能

トラウデン直美「知性と痴性」でGoTo政界(2)たけし、さんまもお気に入り

 まずはコメンテーターとして経験を積ませ、キャスターとして一本立ちさせるのが目下の目標だそうで、

「事務所は情報・報道番組にしぼって、ハイパープッシュ中だ。念頭にあるのは、ホラン千秋(32)や滝川クリステル(43)で間違いない」(芸能プロ関係者)

 トラウデン本人にも自覚はある。各種インタビューで事あるごとに「これからの未来を生きる世代として発信できるようになりたい」と、将来を見据えた発言をしている。これがイヤミに聞こえないほど、素顔も真面目そのもの。

「トラウデンさんが番組で伝えているSDGs(国連サミットで採択された17の持続可能な開発目標)の影響もあるのか、ペットボトルを持っていることを見たことがありません。環境問題への意識が高いのでしょう。楽屋ではいつも、持参したマイボトルに飲み物を入れています。有言実行の人です」(ワイドショースタッフ)

 だが、この知的生活ぶりの先には、果てなき野望も見え隠れしている。芸能プロ関係者が言う。

「どうも、彼女は政界進出を視野に入れているフシがある。テレビ番組やイベントで政治家と共演することも多く、小泉進次郎環境相らをはじめ、トラウデンのシンパも多く、着実にパイプを築いている。ましてや若者へのアピール力抜群のトラウデンは、自民党に限らず各政党にとって魅力的な存在。このまま順調にいけば、将来的に国会の赤じゅうたんを歩むことも夢ではない」

 トラウデンの野望を砕こうというわけではないだろうが、テレビ業界はそう簡単に手放そうとはしないだろう。大物タレントたちがゾッコン惚れるもうひとつの理由があったからだ。

「知的な面に注目が集まりがちですが、彼女の色香にクラクラしている業界人は多いんです。たびたび『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演していますが、関西出身の女性を集めた回では大しておもしろいことを言えないまま終わった。なのに、その後も呼ばれており、明石家さんまがトラウデンを気に入っているともっぱらです。また、ビートたけしも同様で、『TVタックル』(テレビ朝日系)にゲスト出演したのを機に、NHKの番組にまでトラウデンを呼んでいます。事務所は下世話なバラエティー番組出演は避けたいが、大物たちの意向には逆らえないようです」(ワイドショースタッフ)

 これも、トラウデンが日本人離れしたボディを持っているがためか。インスタグラムでホットパンツ姿を披露した程度で、これまで水着姿すら公開したことがないというのに‥‥。

「肌の露出は控えめでも、推定Eカップとも言われる巨乳は隠せません。10月に放送された『日経プラス10』でeスポーツを取材した際、トラウデンはニットの上着で登場したのですが、コンモリと盛り上がったバストにばかり目が行ってしまい、肝心の話題が頭に入ってこないほどでした。『スイモクチャンネル』(BS-TBS)で見せたダンスシーンの乳揺れ場面は、上半身をくねらせるたびにブルンブルンとなっていて、今やお宝映像と言われているほどです」(芸能ライター)

 いっそ「知性」よりも「痴性」をウリにしたほうがいいのでは‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え