スポーツ

闘将・星野が悔しがりまくり!「巨人完封を目前で逃した珍プレー」蘇る動画告白

 12月13日、現在は、SMAPの元メンバー・中居正広の名前を冠につけてのスポーツバラエティ番組「プロ野球珍プレー好プレー大賞2020」(フジテレビ系)が放送された。セ・リーグ連覇の巨人・元木大介ヘッドコーチや今季限りで引退した藤川球児などを招き、NPBの今シーズンを面白おかしく振り返っていた。

 思えばこの番組、1983年に初めて放送されるや瞬く間にお茶の間に浸透される人気番組になったのだが、「事件」とも、その後語り継がれることになる「あるプレー」が発端となって、番組がスタートしたのをご存知だろうか…?

 1981年8月26日、後楽園球場で行われた読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ戦における、中日の宇野勝選手のエラー、「宇野ヘディング事件」である。

 中日ドラゴンズ一筋17年、元プロ野球選手の小松辰雄氏が、こちらも元プロ野球選手の田尾安志氏のYouTubeチャンネル〈田尾安志【TAO CHANNEL】公式YouTube〉に出演、12月12日に〈小松辰雄さんコラボ!闘将星野仙一のココだけの裏話!〉とタイトルをつけた投稿回で当時を振り返った。

 80年8月4日から158試合に渡り、巨人は連続試合得点記録を続けており、この日は故・星野仙一氏が先発、「俺が止める!」と気迫のピッチングを見せ、6回まで無得点に抑えていた。中日が2点リードで迎えた7回裏、巨人はツーアウトでランナーは二塁の場面。代打、山本功児氏の打球は力ないポップフライとなったが、ショートの宇野氏が捕球体制に入りながら打球を見失い、ヘディングさながらに宇野氏の右側頭部に直撃して中日は失点。結果「2-1」で勝利するものの、星野氏は完封を逃し、その2、3週間後、小松氏が自身初の完封を記録、巨人の連続試合得点記録をストップさせたと誇らしげに語ったのだった。

 星野氏が悔し気にグラブをマウンドに叩きつけた姿も相まって、恐縮ながら宇野氏の珍プレーが印象的に残ったものだ。あれから39年、当時の心境を宇野氏に改めて詳しく聞いてみたいが、今さら訊ねるのは野暮と言うものだろうか…!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?