女子アナ

水卜麻美、連日の完成形ボディ「爆裂ニットバスト」強調はフリー転身準備!?

 日本テレビの女子アナの中にあって、ここへ来てふただびそのバストの存在感を出し始めているとおもっぱらなのが、水卜麻美アナである。

「12月17日に『スッキリ』に出演した際は、ピッチピチのクリーム色のニットで登場し、推定Eカップとも言われる爆裂バストの形が露わに。おじぎなどで前傾姿勢になった際は、こぼれ落ちんばかりのボリューム感を見せていましたね。また、このコロナ禍では一時期ぽっちゃり体型だった期間もありましたが、今はウエストもしっかりと絞れ、それがますますバストの大きさを引き立たせています。まさに現在は、『完成形ボディ』と言っていいでしょう」(女子アナウオッチャー)

 そのド迫力のニットバストを10日放送の「スッキリ」でも披露し、ファンを歓喜させており、さらに15日に有働由美子と出演した特番「知らなかった!2020」でも、真っ赤なブラウスだった有働に対し、シックな紺のブラウス姿だった水卜アナだが、その胸元がパックリと逆三角形に割れたデザインで、しっかりとアピールしている。

「番組進行面においても、先頃放送された女性芸人の頂点を決める『THE W』 において、目立ちはしないが気の利く取り回しと安定感は関係者の間でも好評で、バスト同様にピカイチの存在感を発揮していましたね。一方で水卜アナと言えば、かねてよりフリーへの転身が囁かれていましたが、業界内ではコロナと東京五輪が落ち着いた来年にいよいよか、との話も出回っている。彼女のここへ来ての再度のバストアピールは、その準備段階に入った証なのかもしれません」(テレビ局関係者)

 今、朝の情報番組や夕方の報道番組では、すでにMCの交代が囁かれている枠がいくつか見られる。確かに来年は水卜アナにとって絶好の転身時期なのかもしれない。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!