スポーツ

日ハム有原航平の「挑戦」に石毛宏典が動画言及で見えた「MLB」「NPB」の違い!

 11月26日、北海道日本ハムファイターズが、有原航平投手のポスティング制度を利用したMLB挑戦を承認したことが報じられた。12月21日には、球団との交渉期限が迫っているため、すでに渡米していたことも報じられた有原は、伸びのあるストレートと、カットボールやフォークボールといった変化球を武器に、2019年は15勝で最多勝利のタイトルに輝いた実力者だ。

 それだけに、海外での活躍にも期待が高まるところだが、元プロ野球選手の石毛宏典氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈石毛宏典TV〉で有原について、見解を述べた動画では、「MLB」と「NPB」の違いも見えてきた。

 12月12日に〈【異国】野茂英雄がメジャーで活躍できた理由〉とタイトルをつけた投稿回がそれである。観てみると、まず、石毛氏は97年にロサンゼルス・ドジャースにコーチ留学した自身の経験と照らし合わせた。時はまさに、95年にMLBに移籍した野茂英雄氏のトルネード旋風で世間が沸いていた頃だ。

 日米の野球の違いについて石毛氏は、日本人はキャッチボールから始めるが、アメリカの子どもたちは「よしオレが打つ!」とバッティングから入るそうで、日本人の農耕民族的な考えと、アメリカの狩猟民族的な考えの違いによるものだろうと持論を述べた。

 ゆえに、MLBの選手は打つ気満々で打席に立つことから、速いストレートと、フォークボールのように落ちるボールが効果的だったのではないかと語っている。

 その後MLBで活躍している、佐々木主浩、前田健太、ダルビッシュ有、田中将大といった日本人投手は、いずれも伸びのあるストレートと落ちるボールを決め球として有している。彼らと比較して、有原はコントロールに優れているとも評する石毛氏は、「通用する割合は7割くらいかな…」と予想を立てた。

 日本人ピッチャーの活躍目覚ましいが、バッティングから入る幼少時からの習慣が、MLBでも通用する日本人バッターを増やす要因のようだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?