芸能

ビートたけしの名言集「休日のスポーツ中継三昧に胸躍らせる殿」

「帰って、夜中からゴルフでも見るか(全米女子OP)。明日は朝からWOWOWでボクシングもあるし、昼からはUFCもやってるし、けっこう1日忙しいな」

 12月12日、「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)の生放送を終えて楽屋に戻り、衣装から私服に着替え、帰り支度を整えた殿は“さー帰るかな”といった感じでマスクを自分の口元に装着する瞬間、誰に言うでもない大きな独り言を漏らしたのです。

 この日、ゴルフの全米女子OPが2日目を終え、渋野日向子選手が首位となり、日本時間の夜中3時から3日目の生中継があったため、殿はそれをいたく楽しみにしていました。で、帰る直前、わたくしが「殿、明日は夕方4時から、史上初のワンマッチで東京五輪の代表が決まる、柔道66キロ級『丸山城志郎vs阿部一二三』の生中継もありますよ」と、ダメを押しで伝えると、

「へ~、ワンマッチか? もうそこで決まるのか? そりゃすげ~な」

 と、一度軽く驚いたあと、

「じゃー、明日は何だかんだで1日潰れるな!」

 と“明日のスポーツ中継三昧が楽しみでならない”といった発言を残し、帰って行ったのでした。

 殿は本当にスポーツが大好きです。以前、殿が何気なく“なんかスポーツやってねーか?”といった感じでケーブルテレビのチャンネルをザッピングしていると、その時間帯はお目当てのメジャーなスポーツの放送がなく、唯一やっていたのが、やたら腕が太く体の大きな外国人たちがデカイ鉄球を抱えて地味に運んだり、動かなくなった大きな車をただ引っ張ったりする、なんだかよくわからないスポーツの放送で、そこにチャンネルを合わせると、

「仕方ねーな。これでも見るか」

 と、ややあきらめ気味に、視聴したこともありました。

 そんなスポーツ大好きな殿が、かつて立ち上げた番組が「ビートたけしのスポーツ大将」(テレビ朝日系)です。タレントがスポーツをやる姿を見せるといったシンプルな番組でしたが、今思えばかなり画期的な番組であり、のちに似たような番組が山ほど作られました。で、これに対し、素人が参加するアミューズメントスポーツ番組といえば、やはり殿が立ち上げた「痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」(TBS系)です。で、「たけし城」と聞いて、真っ先に思い浮かぶエピソードといえば、以前に殿から聞いたこんな話です。

「あれはTBSの緑山(横浜市青葉区緑山のスタジオ)で撮ってたんだけどよ。あそこは周りが山だから1回収録さぼって軍団連れてキノコ採りにいったんだよ。それで次の日もキノコ採りにいったら、いたる所に『マムシに注意』って張り紙が貼ってあったんだから」

 なんでも、たびたび収録をさぼる殿たちを見かねたプロデューサーが張り紙を作り、キノコ採りを阻止したそうです。ちなみに、たけし城はのちに世界20カ国以上で放送される、ワールドワイドな番組に化けることになるのです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意