芸能

減収覚悟のハロプロ卒業公演で目撃された有名美女たちの「妖しいハマり姿」!

 12月9日に日本武道館で「アンジュルムコンサート2020~起承転結~船木結卒業スペシャル」、続く10日に「Juice=Juiceコンサート2020~続いてくSTORY~宮本佳林卒業スペシャル」が開催され、アンジュルムの船木結とJuice=Juiceの宮本佳林がそれぞれのグループを卒業した。

「新型コロナの影響で、船木が2回、宮本が1回卒業公演を延期していたのでファン待望の卒業コンサートでした。感染予防対策で、一席ずつ間隔を空けた座席に全員着席で歓声を上げるのはNG。シラケたコンサートにならないか不安でしたが、曲の合間にメンバーの名前を叫ぶ『コール』を手拍子に代えるなど、案外ファンはコロナ禍の新様式に順応していました。むしろ、減らした座席のぶん、儲けは少なくなるのに、コンサートを開催してくれる事務所には感謝しかありません」(アイドルウォッチャー)

 両日の会場に入ったファンの数は計約1万3000人。チケット代は一人8000円弱だけに単純計算で1億400万円の減収を覚悟の上で敢行した公演だった。

 卒業の節目に駆け付けるのはファンだけではない。同じハロー!プロジェクトのメンバーやOGたちが関係者席で卒業を見送っていたというのだ。

「リーダーの譜久村聖を含むモーニング娘。20やアンジュルムOGの勝田里奈や室田瑞希が南スタンドの関係者席にいました。完全オフモードで、ファンと一緒に手拍子を送っていました」(前出・アイドルウォッチャー)

 さらに当日の会場には、芸能界のガチファン美女が妖艶なオーラを放ちながら楽しんでいる姿もキャッチされていたようで、

「アンジュルムの公演では、大ファンを公言する蒼井優の姿を目撃しました。番組の企画で完全に振り付けを覚えた『ダテ食う虫もLike it!』が歌われた時には、座りながら完璧に踊っていましたよ。ちなみにテレビ朝日の弘中綾香アナは両日ともに鑑賞していたようです。たまたま近くの席が当たったファンは二度オイシイ公演になりましたね」(前出・アイドルウォッチャー)

 アイドルのコンサート会場で周囲をキョロキョロしてみると思わぬ有名人に遭遇するかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」