スポーツ

「お前、偉そうにぬかすな!」田尾安志が、落合博満に激怒の過去を動画激白!

 どこか、人によってはふてぶてしく映ることもあろう、元プロ野球選手・落合博満氏の独特なキャラクター。このキャラクターに「カチンと来た」といった過去のぶっちゃけエピソードを口にする人がいた。元プロ野球選手の田尾安志氏である。田尾氏のYouTubeチャンネル〈田尾安志【TAO CHANNEL】公式YouTube〉の、11月26日に〈そこまで言っちゃう!?俺流、落合博満【プロ野球28会シリーズ】〉とタイトルをつけた投稿回がそれだ。

 田尾氏が、昭和28年・29年生まれの同学年である元プロ野球選手の岡義朗氏をゲストに招いて語るには、落合氏が日本ハムに籍を置いていた頃の話だというから、1997年から98年のようだ。田尾氏がキャスターを務めるスポーツ番組「週刊!田尾スポ」(関西テレビ、関西ローカル)にゲストに招かれた落合氏が、すでに91年に引退している田尾氏に向かって、「田尾、なんでお前やめたんだよ」とぶっきらぼう気味に言ったのだそうだ。

 もっとも、2人も同学年である。落合氏にすれば親しみを込めてのニュアンスもあっただろうが、「その言い方にカチンと来た」と田尾氏は振り返り、収録後に「オマエ、偉そうにぬかすな!」と言い返してしまったと言うエピソードを岡氏を相手に笑いを交えて明かしたのだった。

 また、その落合氏のキャラクターについては、79年から86年までロッテオリオンズに所属していたことについて、当時は人気のなかったパ・リーグに籍をおいていたことを指摘し、「ファンのためにと言う意識がなかなか出なかったのではないか?」と田尾氏は語り、自分を野球界でアピールするために数字(実績)しかなかったのではないかと持論を展開したのだった。

 これに視聴者からは「落合さんはファンのためにやってましたよ。」「落合監督の時はちゃんとファンに感謝する言葉もありましたよ。」といったコメントも届いている。田尾氏の分析は、確かに的を射ている面もある一方、同級生であるがゆえの抑えきれぬ田尾氏の感情もにじみ出ていたように見えた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す