芸能

<歌手生活50周年・特別インタビュー>八代亜紀「私が歩んだ昭和炎歌」(3)阿久先生の言葉は私の宝物

──歌謡選手権の時には、作曲家・鈴木淳先生のところにレッスンに通っていました。

八代 72年に10週勝ち抜いたあとは、先生のご自宅の2階に居候してレッスンを受けながら、曲ができるのを待ちました。私はいつ先生に呼ばれてもいいように寝ないで、夜中の2時、3時にピアノをポロンポロンと弾く音を聴いていました。すると、先生が奥様で作詞家の悠木(圭子)さんに「呼んでおいで」とおっしゃってる。悠木さんが「もう寝てるわよ」と言いながら階段を上がってくる音がして「起きてる? 曲ができたんだけど」と呼びに来てくれたんです。それが「なみだ恋」です。鈴木先生にはその後もたくさん曲をいただきました。私にとっては「音楽の父」です。昨年3月も鈴木先生、悠木先生に「明日に生きる愛の歌」を作っていただきました。

──その後、79年に阿久悠作詞の「舟唄」が大ヒットします。

八代 「舟唄」の詞を読んだ時に、これは大ヒットするなと思いましたね。日本人の心をわしづかみするんじゃないかと。先生にはうれしい言葉もいただきました。「俺は八代亜紀と出会うために9年間、助走をつけてきたんだ」とおっしゃって。この言葉は私の宝物です。

 阿久先生との思い出は35周年のステージに来てくださった時のことかな。私が描いた油絵の肖像画をプレゼントさせていただきました。その後、07年に亡くなられましたけど、あの時、少年のように喜んでいたのが忘れられません。その絵は先生の郷里・淡路島の図書館に飾られています。

──NHK「紅白歌合戦」(23回出場)の思い出もたくさんあると思います。

八代 「なみだ恋」で初出場しました。当時は2年目も売れていないと紅白に出られない規定みたいなものがあったけど、私は一発こっきりなのに出ることができた。その日は「日本レコード大賞」の歌唱賞をいただき、終わってから白バイの先導で信号が全部、青に変わる中をNHKホールに向かいました。NHKホールはまだ完成したばかりで、そこで初めてやる紅白という特別な大会だったんです。

 到着して「間に合いました。『なみだ恋』です」って言われて、ステージに上がったのね。

 ステージには当時、住んでいた三軒茶屋の商店街の皆さんが何十人も寿司樽、横断幕を持って集まってくれました。地元密着、大衆を意識したステキな演出の中で「さあ、みんなのために歌うぞ」って、緊張よりも楽しかったですね。

「舟唄」と翌年の「雨の慕情」は大トリでした。相手は五木ひろしさん。歌謡界が爆発していた時代の「五八戦争」ですね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!