芸能

蒼井優・宮沢りえ・斉藤慶子…「丑年生まれ女優」が魅せた「奔放場面」大全!

 人々の暮らしに古くから寄り添ってきた「牛」が2021年の干支である。丑年生まれの女優たちは、どんな映画で男たちを喜ばせてきたのか──。まず、1961年(昭和36年)生まれで、今年還暦を迎える世代には斉藤慶子がいる。

「三十路になってから魅力がさらに増しましたが、決定打として挑んだのが『東雲楼 女の乱』(94年、東映)です。舞台が熊本の大遊郭で、まるで熊大出身の斉藤のためにあるような設定」(映画ライター・松井修氏)

 それまでのアイドル女優のイメージを打ち破り、恋人役の風間トオルとの逢引シーンでは、男の股の間に手を伸ばすという驚きのシーンもあったという。

 オイルショックが始まった1973年(昭和48年)生まれには、宮沢りえがいる。写真集「Santa Fe」以来の思わぬ至宝映画が、05年公開の「阿修羅城の瞳」(松竹)だ。宮沢は「くノ一のつばき」に扮し、鬼退治の男・病葉出門(市川染五郎)と出会ってしまう。市川にとらえられ、激しく抱かれると宮沢の純白の肌が上気する。あわやバストトップまで見えそうになるシーンは、息をのむ美しさであった。ほかにも篠原涼子や深津絵里なども、この世代で覚悟の場面を見せた女優たちだ。

 そして日航機墜落事故や阪神タイガースの21年の優勝が記憶される1985年(昭和60年)生まれは、蒼井優がいる。映画評論家・秋本鉄二氏が解説。

「20年に公開された『ロマンスドール』(KADOKAWA)では、夫役の高橋一生とのかなり激しい情愛シーンがあります」(映画評論家・秋本鉄次氏)

 秋本氏によれば、高橋が言う“好色な奥さんだった”という意味のセリフが「ハマる交わりを見せてくました」とのことだ。

 1月12日発売の「週刊アサヒ芸能」1月21日号では、ほかにも「丑年に公開された名作」を含め、“干支気分”にふさわしいガイドを展開してくれている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
2
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!
3
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
4
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
5
乃木坂46山下美月、「黒板中に悪口」壮絶イジメ体験を初激白に驚きの声